日本製薬商事オフィシャルサイト

ちょっと役に立つはなし

画像の説明

つら~い関節の痛みと腫れ“関節リウマチ”
検査と診断

つら~い関節の痛みと腫れ“関節リウマチ”

 
関節リウマチは、手や足をはじめ、全身の関節で起こる炎症性関節炎です。
進行すると関節の変形や臓器の障害が起こり、微熱やだるさ、食欲不振、貧血、間質性肺炎、視力低下などの全身の症状に悩まされることもあります。
現在、国内の患者数は100万人ともいわれ、男女の割合は1対4と女性に多く、
発症年齢は30~50歳代に多いことがわかっています。

◆原因は?
今のところ原因はわかっていませんが、免疫の異常が関連しています。
人にはウイルスや細菌などから体を守るために免疫機能が備わっています。
しかし、関節リウマチでは、この免疫機能が自分の体を攻撃してしまっていると考えられています(自己免疫疾患)。
免疫の異常により、関節の血管内のリンパ球やマクロファージなどから、
サイトカイン(TNFα、IL-6など)と呼ばれる物質が過剰に産生され、
関節の痛みや腫れ、軟骨・骨の破壊が進んでいきます。
画像の説明

検査と診断

関節リウマチの治療で重要なのは、関節の破壊をできるだけ軽度のうちに
食い止め、進行させないようにすることです。
そのため、血液検査、関節液の検査、レントゲン(X線)検査などによって
関節の変化をいち早くみつけて、早期に適切な治療を始めることが大切です。
多数の関節が腫れて痛み、しかも症状のでた関節が左右対称になっている
場合や、手首や指のつけ根(MCP関節)や指の第二関節(PIP関節)が
腫れてきた場合、関節リウマチがもっとも強く疑われます。

早期関節リウマチの診断基準(日本リウマチ学会)

画像の説明

□ 3つ以上の関節で、指で押さえたり動かしたりすると痛みを感じる
□ 2つ以上の関節に炎症による腫れがみられる
□ 朝のこわばりがみられる(朝、手をにぎることが困難など)
□ 皮下結節(リウマトイド結節)がひじやひざなどにみられる
□ 血液検査で赤沈20mm以上の高値またはCRP陽性
□ 血液検査でリウマトイド因子が陽性である

画像の説明

3項目以上にチェック → 適切な治療を開始する必要がある。

西洋医学的な治療

関節リウマチの原因がはっきりしていない今日では、根本的に治療することは
大変難しいといわざるを得ません。そのため、治療は生活指導を基本に、
薬物療法により痛みや炎症を抑え、リハビリテーションにより身体機能を
保持・改善することになります。適切な薬物療法やリハビリテーションを
行っても痛みが緩和されない場合や、関節の障害がひどく歩けないなど
日常生活が困難な場合には、手術も検討されます。

リウマチ薬(DMARDs)
リウマトレックス、リマチル、リドーラなど

生物学的製剤
レミケードなど…TNFαの働きを抑制する
アクテムラ…IL-6のレセプターに対する抗体製剤

その他
炎症や痛みに応じて、消炎鎮痛剤やステロイド剤も使用されます。

◆日常生活での対策

画像の説明

(1)十分な睡眠をとりましょう。
関節リウマチでは微熱があり疲れやすくなります。昼間も疲れたら昼寝をとることも大切です。
(2)適度な安静を保ちながら、適度な運動を行いましょう。
安静にばかりしていると、関節が固まって動かなくなってしまいます。
(3)規則正しいバランスのとれた食生活を心がけましょう。
鉄分やカルシウムが豊富で、バランスのとれた食事をとりましょう。体重の管理も忘れずに。
(4)関節を冷やさないようにしましょう。
毎日の入浴の他、サポーターなどを使用して関節を冷やさないようにしましょう。

東洋医学的な治療

漢方では、リウマチは「痺証(ひしょう)」に相当すると考えています。
「痺」とは “塞 がる”、“通じない”という意味で、痺証は風・寒・湿の邪により気・血の運行がうまくいかなくなるために発症します。日本では湿邪に特に注意すべきといわれています。症状の特徴はしびれ、痛み、関節の運動障害であり、末梢神経や循環機能の障害、自律神経失調、免疫の異常などが関連すると考えられています。
治法には、病態や体質に応じて、散寒・利湿・キョ風の働きを持つ生薬や、
気・血を補う生薬が組み合わされた漢方薬が用いられます。

痺証のタイプ 症状の特徴                  主な漢方薬
風 痺    全身多発性の関節痛。痛みの部位が固定しない。 桂芍知母湯など

寒 痺    固定性の激しい疼痛。全身や局所の冷えを伴う。 大防風湯、桂枝加朮附湯など

湿 痺    固定性で重だるい痛み。むくみ・しびれ・四肢、体の重だるさ薏苡仁等、麻杏甘石湯など

関節リウマチに用いる西洋薬は、感染症、胃腸障害、肝障害などの副作用が
起こることもあります。
しかし、漢方薬はこのような副作用が起こりにくく、さらに、冷えなどの体質の改善やリウマチに伴う倦怠感や抑うつ感なども改善できるケースがあり、西洋薬と併せて使われることが増えてきています。 

↑ページのトップへ