日本製薬商事オフィシャルサイト

ちょっと役に立つはなし

画像の説明

むくみの原因って?
生活習慣と病気・水毒ってなに?
むくみの解消法

第26号 むくみの解消法

私たちの体の約60%は水分で構成されており、細胞内液及び細胞外液として
保たれています。更に細胞外液は血液と細胞間にある間質液とに分けられます。むくみはこの間質液が様々な原因により増えることで起こります。
 漢方的な観点からむくみ(漢方では水腫)は体内水分の偏在による水毒が
原因と考えられています。漢方の古典では「その本は腎にあり」と言われ、
これはむくみの原因が腎にあることを意味しています。腎は水分代謝を
つかさどる臓器で、その働きは肺と脾の協力によって成り立っていると考えられます。
 またむくみは瘀血や腎陽虚の状態でも起こりやすくなります。

画像の説明

むくみの原因と分類

 むくみの原因には病気によるものと生活習慣によるものとがあります。
生活習慣が原因の場合は症状も一過性で、生活習慣を良くすることで
改善されるためそれほど問題はありません。しかし、むくみの背後に何らかの病気がある場合は注意が必要です。それぞれの病気により、むくみの部位やそれに伴う症状も異なってきます。
画像の説明

むくみ

全身性
腎性浮腫   ………………………タンパク尿が陽性
心性浮腫   ………………………動悸・息切れを伴う
肝性浮腫   ………………………特にお腹のむくみ
薬剤性浮腫  ………………………特に異状なし
突発性浮腫(原因不明) …………体重の増減が激しい
内分泌性浮腫 ………………………首の付け根の腫れ

局所性
リンパ浮腫 …………………………だるくて、疲れやすい
静脈性浮腫(静脈瘤など) …………下半身中心のむくみ
炎症性浮腫 ………………………かゆみがある
画像の説明

むくみに効果的な運動

 むくみを解消するには運動も欠かせません。
理由は筋肉を動かすとその刺激で静脈の血液が押し出されるためです。
中でもおすすめなのは水中ウォーキングです。足に水圧がかかるため他の
運動に比べてむくみの予防・解消に効果が高いからです。
また浮力により膝などへの負担も軽くなるので関節に不安を持つ方や
肥満気味の方でも安心して運動が出来ます。

水中ウォーキングの注意点
・水の深さは腰くらいが理想
・水温30℃くらいの温水
プールがベスト
・30分に1回は休憩を取る
画像の説明

むくみの食養

 むくみを予防・改善していくには食生活にも気を配ることが大切です。
水分代謝を改善するカリウムを含む食材、水分の排出を促進する水溶性食物繊維を含む食材、体を温め血流を良くし腎機能を高めるビタミンB群、Eを含む食材がむくみに効果的です。

むくみの予防・改善に効果がある食材

利尿効果がある…カリウム
画像の説明
水分の排出を促進する……水溶性食物繊維
画像の説明
体を温める…ビタミンB群、E
画像の説明

むくみに使用される主な生薬

 むくみに対し西洋医学では利尿剤が使用されますが、これは腎に無理矢理働きかけるため負担がかかります。
それに対して東洋医学で使用される利水剤は腎に負担をかけずに「むくみ」の原因を根本から治していきます。

効 能         

生薬名:茯苓 
薬 味:甘    
薬 性:平
帰  経:心・脾・胃・肺・腎
効能:水湿停滞による尿量減少の改善と同時に痰飲を取り除く

生薬名:白朮
薬 味:甘・苦
薬 性:平  
帰 経:脾・胃       
効能:脾胃(消化器)の作用を高めて水分を取り除く

生薬名:沢瀉  
薬 味:甘  
薬 性:平
帰 経:腎・膀胱
効能:強力な利水により浮腫・腹水を取り除く、尿量減少の改善

生薬名:猪苓
薬 味:甘
薬 性:平
帰 経:腎・膀胱
効能:水湿停滞による尿量減少の改善、浮腫・腹水を取り除く

生薬名:防已
薬 味:苦・辛
薬 性:寒
帰 経:膀胱・脾・肺・腎
効能:浮腫・関節水腫など水湿停滞を取り除く

生薬名:薏苡仁
薬 味:甘
薬 性:微寒
帰 経:脾・胃・肺
効能:水分を除くと同時に排膿する

生薬名:赤小豆
薬 味:甘・酸
薬 性:平
帰 経:心・小腸
効能:特に下肢の浮腫や腹水を取り除く

↑ページのトップへ