日本製薬商事オフィシャルサイト

生薬

アガリクス茸(アガリクスダケ)

おもな薬能
免疫力を上げる


アガリクス茸

β-グルカンという多糖類を含み、ナチュラルキラー細胞の活性を上げて免疫力を高める効果が期待されています。

別名

ニセモリノカサ

特徴

アガリクスは、免疫活性の効果が非常に高いのが特徴です。免疫システムのマクロファージという白血球があり、体内に侵入した細菌やウィルス、または死んだ細胞を捕食したり、抗体の作成を助けます。アガリクスの免疫活性成分は、このマクロファージを活性化させるため、優れた免疫力向上の効果を発揮します。

成分

タンパク質、炭水化物、脂肪、繊維、リノール酸、糖、カリウム、鉄分、シリコン、リン
塩素、マグネシウム、アルミニウム、ナトリウム、亜鉛、カルシウム、銅、マンガン、ベータDグルカン、アルファDグルカン、核酸

副作用など

製品で発癌作用がある成分を含む製品が報告され回収される騒ぎになったが、含有するのは一部の製品であることがわかった。(厚生労働省で試験した3つのうち、2つには発癌作用がない事が確認されている)。

平成21年7月3日に厚生労働省から、都道府県知事等に対し、平成18年2月13日通知発表以後、健康被害の報告はないと通知されている。がんの治療を受けている患者において肝障害が発生した健康被害の報告もないと通知されている。