日本製薬商事オフィシャルサイト

ちょっと役に立つはなし

画像の説明

スパイス(香辛料)の効用
香辛料のマメ知識
血行促進作用

第53号 スパイス(香辛料)の効用

食物に風味や香り、色づけしたり、臭みを消したりするものを総称してスパイスと呼んでいます。
日本では香辛料や薬味などと呼ばれ親しまれています。
スパイスはノンカロリーで、消化液の分泌をよくし、体を芯から温め健康へと導いてくれます。

画像の説明画像の説明

辛味のスパイス
胡椒 ヒハツ 唐辛子 生姜
パプリカ ニンニク カラシ
ワサビ 山椒 陳皮 など

香りのスパイス
丁字 桂皮 ナツメグ 八角
メース カルダモン 月桂樹
フェンネル コリアンダー
ローズマリー オレガノ
タイム セージ バジル
マジョラム など
画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明

色づけスパイス
ターメリック サフラン
くちなし パプリカ など

スパイスの歴史

世界各国で用いられているスパイスの数は350種類以上あるといわれていますが、古代エジプト時代にはすでに用いられていました。
東洋では、中国の漢方医学、インドのアーユルベータなどで多数の香辛料が
治療薬として調合されています。
日本における香辛料の歴史は古く、古事記(712年)には生姜か山椒を指す「ハジカミ」や、「蒜」(ニンニク)が記され、天武天皇(724~749年)の代には胡椒などのスパイスが上陸していました。
正倉院の御物の中には胡椒、ヒハツ、桂芯、乾姜、陳皮などが収められていますが、これらは貴重な薬として扱われていたようです。

大衆薬に配合できる主な香辛料

【一般用医療薬(胃腸薬)製造販売承認基準・配合できる健胃剤】
茴香 ウコン 黄ゴン 大蒜 乾姜 生姜 良姜 枳殻 枳実 陳皮
桂皮 胡椒 ヒハツ 山椒 紫蘇 紫蘇子 丁字 唐辛子 など

※20数年前に日本製薬工業(株)で販売していた和漢胃腸薬「麝香蘇合元」には
多種類の香辛料が配合されていました。

麝香 龍脳 人参 桂皮 縮砂 甘草 枳実 厚朴 草果
ヒハツ 胡椒 半夏 良姜 生姜 檳榔子 橘皮 香附子 白朮
丁字 肉豆ク 草豆蒄 神キク 麦芽 木香 蘇合油 蜂蜜

主な香辛料のマメ知識

名称
唐辛子 Red pepper(ナス科)ダイエットが注目される
寒熱 五味 臓腑  成分
熱  辛  心・脾 カプサイシン B-カロチン ビタミンE・C

東洋医学的効能
温中散寒(お腹を温め、冷えを改善する)
開胃消食(食欲を増し、消化を助ける)
現代の研究より
●血液循環促進作用
●抗菌作用
●抗ガン作用

名称
胡椒 Pepper(コショウ科)お腹を温め胃腸の冷えを緩和する
寒熱 五味 臓腑   成分
熱  辛  胃・大腸 ピペリン

東洋医学的効能
温中散寒
行気消痰(気を巡らせ、痰を除去する)
駆風(腸内にたまったガスを排出させる)
現代の研究より
●健胃作用
●蠕動運動促進作用
●抗痙攣作用
●抗炎症作用

名称
ヒハツ Long pepper(コショウ科)お腹を温め胃腸の冷えを緩和する
寒熱 五味 臓腑        成分
熱  辛  肝・脾胃・大腸・腎 ピペリン 辛さの中にもシナモンに似た甘い味わい
東洋医学的効能
温中散寒
行気消痛(気の巡りをよくして痛みを止める)
現代の研究により
●鎮痛・健胃作用
●抗菌作用

大蒜 Garlic(ユリ科)疲労回復に効果を発揮
チャングムは臭い消しに緑茶の葉と大蒜を蒸し、干しナツメと米ぬかを混ぜ丸薬を作った。
寒熱 五味 臓腑   成分
温  辛  肺・脾胃 アリシン(殺菌・抗菌)アリチアミン(体内で生成、疲労回復)スコルヂニン(血液循環促進)

東洋医学的効能
除風寒(風邪を予防し追い払う)
温胃破積消食(胃を温め食滞を除く)
止痢殺虫(下痢を止め、寄生虫を退治)
通五臓(五臓の機能を活発にする)
止咳(咳を止める)
消腫痛(腫れ痛みを除く)
現代の研究により
●抗菌作用
●血糖値の降下作用
●抗ガン作用
●抗凝血作用
●免疫力向上作用

生姜 Ginger(ショウガ科)胃腸を温め風邪を追い払う
医女チャングムでは「腹の毒を消す」といって食中毒に生姜を処方している。
寒熱 五味 臓腑   成分
微熱 辛  肺・脾胃 ジンゲロン(辛味成分)ジンギベロール(香り成分)

東洋医学的効能
解表散寒(寒気を追い払い、風邪に効果がある)
温肺止咳(肺の機能を高め咳を止める)
温中止嘔(胃腸を温め、冷えを伴った嘔吐を止める)
除臭解毒(食物の生臭みを除き、毒を解く)
現代の研究により
●発汗・解表作用
●芳香性健胃作用
●解毒作用
●止嘔作用

ヒハツの血行促進作用

冷えを自覚している女子大生にヒハツエキス150mgを摂取してもらい、20℃水浴中で1分間両手を冷却し、冷却状態からの体温回復力を測定した。
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ヒハツエキスは、寒冷状態からの皮膚表面温度の回復を促進することが確認されました。

※ヒハツエキスは、ヒハツの果穂を熱水抽出し濃縮したものに、デキストリンを加えて乾燥・粉末化した加工食品です。

↑ページのトップへ