日本製薬商事オフィシャルサイト

五行とは

五行の考え

漢方(東洋医学)には、自然界のすべてのものを
」(もく・か・ど・こん・すい)の五つの要素に分類した
「五行説」という考え方があり、私たち人もこのいずれかの特製を持ち、
お互いのバランスを保っています。
五行

五行はそれぞれ次のような要素を持っています。

  • 木(もく)
    草木が芽を出し、万物が生じる春を象徴しています。
  • 火(か)
    火が燃えているさまで、万物が生じる夏を象徴しています。
  • 土(ど)
    万物を育てる大地を意味し、四季の全てに関わりをもっています。
  • 水(すい)
    流れる水を表し、地の中で万物を生み出す源となります。冬を象徴しています。

また、これら相互の間には、互に助け合う相生関係、
また互いに抑制する相剋関係(そうこくかんけい)があり、
人間の体や病気治療にも役立てられています。

東洋医学では、内蔵のうち中身が詰まっている主要な五つの臓器を

「肝」「心」「脾」「肺」「腎」を「五臓」

といいます。
脾は、現在の脾臓ではなく、膵臓機能のことを指します。
腎は、左を「腎」右を「命門(めいもん)」といい、生殖系をつかさどります。

また、内蔵のうち中身が空洞状の五つの臓器

「胆」「小腸」「胃」「大腸」「膀胱」を「五腑(ごふ)」

といい、それぞれ五臓と一対の関係になっています。

命門を一臓と考えるときは、それに対応する腑は、
内蔵を収納する胸腔・腹腔の全体(「三焦(さんしょう)」という)となります。
これを含めて「六蔵六腑」ともいいます。また、鍼灸の分野では命門の代わりに心の外膜(「心包(しんぽう)という」)を加えて六腑とします。

五行をこれらの臓腑にあてはめると、

木(もく)肝・胆
火(か)心・小腸
土(ど)脾・胃
金(こん)肺・大腸
水(すい)肝・膀胱

相生関係でいうと、肝(木)の働きは心(火)を補い、
同様に心(火)は土(脾)を補います。そのため、肝が止むと心も弱まります。

また、相剋関係では、肝(木)が強まると脾(土)が弱まると、
抑制される側の腎(水)は強くなります。
ただし、相剋関係は二つ先の心(火)までは影響しません。






受付時間9時~17時 0120-000-382