日本製薬商事オフィシャルサイト

病気の症状・治療法

咳、痰

咳、痰

かぜの後期によく見られる

咳や痰は、かぜを引いたときによく見られる症状ですが、かぜだけが原因とは限りません。
かぜによるものは、引いて数日たち、粘り気のある鼻水になってくると、症状が現れ始めます。
咳は体力を消耗させ、咳のために夜眠れなくなると、さらに体力が低下するという悪循環を招きます。咳が何日も続くと気管支炎を起こすこともあるため、早めの治療が必要です。
体の水分代謝を改善したり · 肺の熱を冷ましたりする漢方薬が効きます。

気管支が弱い人の場合

気管支が弱い人はかぜを引いていなくても、咳や痰が出やすい体質といえます。とくに秋から冬にかけて空気が乾燥してくると、のどの粘膜が乾燥し、症状が出やすくなります。
呼吸丈夫にする漢方薬を服用しながら体質改善を図るようにするとよいでしょう。

アレルギーで出る場合

アレルギーによる場合もあります。
もともとのどの粘膜が弱い人に多く、温度差のあるところや、ほこりっぽいところに行くと咳が出ます。
このようなタイプの人は、粘膜がいつも充血しているため、刺激の強い香辛料や甘いものを摂るだけでも、反応し咳が出始めます。
食べ物への十分な注意と、のどの粘膜の充血を取り去る漢方薬が治療の柱となります。

緊張すると出る場合

このほか、緊張すると咳が出る人もいます。コンサート会場などで咳払いをしないように緊張すると逆に咳が出る、人前で話をしようとすると咳が出るなどは、このタイプです。
のどに何かがつかえたような感じがあり、これを東洋医学では「梅核気」といいます。
まるでのどに梅の種でも結まっているような感じがするためです。梅核気も漢方薬による治療が適しています。