日本製薬商事オフィシャルサイト

病気の症状・治療法

嘔吐

嘔吐

ほかの症状があったら医師の受診を

嘔吐の「嘔」は「ゲーッ」という吐くときの音を表し、「吐」が吐くという意味を表しています。音だけして吐かないようなものを「からえずき」「乾嘔」といいます。
嘔吐の原因でよく見られるのは食べ過ぎ、二日静い、食あたり、かぜ、つわりなどです。そのような原因に心当たりがなく、吐き気とともに腹痛を伴う場合は腸閉そくの疑いが、また頭痛、腹痛、発熱、けいれんなどを伴う場合は、脳出血などの疑いがあります。ただちに受診してください。

吐いたほうがよい場合も

嘔吐するのは苦しいので、吐き気がなくなるまで我慢することも多いと思いますが、吐いてしまったほうがよい場合があります。
食中毒、食べ過ぎ、飲み過ぎなどによる吐き気は、吐くとすっきりすることが多いため、そのまま吐いてしまったほうがよいでしょう。
ただし、吐いたあとは体力を消耗しています。安静にして、食べ物を受け付けるようになったら、薄味のスープなどを飲みます。

嘔吐は胃の気の逆行

東洋医学で嘔吐は、食べ物、飲み物を消化して小腸に送るはずの胃の気が逆に上に向かってしまうために起こる、胃の気の症状と考えます。
二日酔いの嘔吐の場合は、胃の気を下にさげるとともに、水分代謝を改善させて治します。
頭痛を伴う嘔吐には、体を温めて胃腸の緊張感を除いて、突き上げてくる胃の気を鎮めて治します。
嘔吐とともに下痢を伴う吐き下しの際には、胃腸の炎症を鎮め、胃腸の働きを整えて改善させます。吐き下しになると、水分が体からどんどん排出され、脱水症状を起こしやすいものです。
吐き気が治まってきたら、水分を積極的に補給するようにします。