日本製薬商事オフィシャルサイト

土とは

土
土にあたる五臓は「脾」、五腑は「胃」。
脾と胃の働きは似ていて、共同して消化された飲食物から栄養分をつくりだし、全身に送っています。

睥の働きと疾患

五行の土は、五臓では脾、五腑では胃になります。
脾は後漢の頃までは、現在の膵臓に当たります。

脾の働きは胃と小腸で吸収されたものから栄養分(水穀の精微)をつくり出し、
血液と津液(体液)と一緒に各臓器に送ることです、

脾胃

脾は東洋医学の古典「素問」では、「脾胃は倉稟(そうりん)の官、五味出ず。」といいます。倉稟とは飲食物を入れるところで、この五味とは栄養分の総称で、
五味を出ずとは、その栄養分を全身に与えることです。

栄養分である水穀の精徴はまず血に入り、その後、心肺を経て全身をめぐります。

これは飲食物の消化吸収はすぺて脾が支配していることを意味します。
脾の働きが順調ならば消化機能も順調ですが、もし脾が弱ると、食欲不振、胃がもたれる、食後に倦怠感を感じる、軟便、下痢などが起こります。

鼻血

脾は、「後天の本」といわれ、「後天の気」をつくり出し、腎に宿る「先天の気」とともに生命活動の中心を担っています。

さらに、脾は「血を統る」ともいい、血がもれないようにする働きもあります。
この働きが弱ると、鼻血、不正出血、皮下出血、生理が止まらないなどが起きます。

五行説の五竅では土は口です。飲食物が口から入って消化するまでは、すぺて脾に支配されています。そのため、脾が弱ると、味覚失調、口が粘る、食欲不振などにおちいります。

胃の働きと疾患

胃の慟きは、飲食物の消化初期を担当し、それを睥に送ることです。東洋医学の古典では「水穀の海なり」といっています。

嘔吐

つまり胃の中で消化して、この消化されたものの中から脾の作用で栄養分(水穀の精微)を取り出し、脾を助けて全身に送っています。

そのため、胃の働きが弱ると、上腹部が張る、悪心、嘔吐、食欲不振などが現れます。胃には、消化した飲食物を小腸に送り出す働きもあります。

この働きが弱っても、やはり上腹部のもたれ、悪心、暇吐などが起きます。

脾と胃とは働きが似ていますが、胃はおもに口から送られた飲食物を受け取る役目を果たし、脾と胃は共同して、消化、吸収し、栄養分を全身に送り届けています。