日本製薬商事オフィシャルサイト

ちょっと役に立つはなし

画像の説明

夏の胃ばて
胃腸障害
健康は元気な胃から

夏の胃ばて

暑さ寒さも彼岸まで・・・?

温度計とにらめっこの8月がようやく過ぎようとしています。
しかし「9月」と聞いても、厳しい暑さがまだまだ続きます。
温暖化の影響か、真夏日が年々増えてきているようですので、どうやら9月は秋の入り口ではなくて夏の続きと考えを変えた方が良さそうです。
そこで今回は、季節の変わり目を乗り切って秋を迎えられるよう、夏バテの解消法として消化器からのアプローチをみてみましょう。

夏の胃バテ(胃腸障害)

日本の夏に特徴的な高温多湿な環境下では、「疲労感」、「食欲不振」、「下痢・便秘がち」、「やる気がでない・無気力」、「めまい・立ちくらみ」といった心身の不調を感じやすくなります。
これらを総称して「夏バテ」と言い、「食欲不振」など消化器系に該当するものが「胃バテ」(胃腸障害)になります。

〈原因〉

自律神経の乱調
気温の高さと冷房などによる室内温度の大きな温度差に頻繁に曝されると自律神経(交感神経と副交感神経)によるコントロールが変調をきたしてしまいます。
胃でバランスが崩れ、交感神経が強く働くと、血管の収縮により血流量が減少し、蠕動運動の低下、胃酸・胃粘膜の分泌の減少につながり、食欲不振などの不調を引き起こします。

水分とミネラルの不足
汗を大量にかくと、水分と共に塩分を含めたミネラルも体外に排出されて
しまいます。その結果、胃酸の分泌が少なくなり、消化機能が低下してしまう
ために食欲がなくなってしまいます。
また、冷たい物や水分をたくさん摂っていると、胃が冷やされ、さらに大量の水分で胃酸が薄められ、消化や殺菌といった機能がより弱められてしまいます。

暑さと湿度の影響
画像の説明
高い温度や湿度による寝不足、皮膚の不快感なども自律神経に影響を及ぼし、
内臓器官のはたらきを低下させます。この結果、胃腸が活発にはたらかなくなり、
食欲減退につながります。

胃と健康に関することわざなど

『腹八分に医者いらず』はお馴染ですが、他にも古今東西で色々とありました。
何事も「すぎる」ことを慎しむというのは共通なんですね。
『珍美の食に対するとも、八九分にてやむべし。十分に飽き満つるは後の禍なり』
:貝原益軒
『胃の三分の一を食物で埋め、もう三分の一を飲み物で埋め、 三分の一を空に
しておきなさい。胃は頭と違って、無制限に詰め込むことはできないのだから。』
:ユダヤのことわざ
『食べてすぐ寝るとウシになる』:食後、横になって休むのは良いことですが、
眠ってしまってはいけません。
『右側を下にして寝ると消化に良い』:胃の出口が体の右側にあるので、
消化物が移動しやすくなります。

健康は元気な胃から

この時期は、ついつい冷たくてさっぱりしたものだけになりがちです。
しかし、これでは胃の元気の維持・回復につながりません。食生活のポイントを
まとめてみましたので、チェックをしてみませんか?

<食事の摂り方>
画像の説明
・規則正しく食事を摂ると胃腸にリズムが生まれます。
・食欲がないと食事を抜きがちになりますが、胃が空っぽになる時間が長くなるので、胃が荒れる原因となります。
さらに、食事の回数が減ると、1回の食事の量が増えてしまい、胃への負担となってしまいます。

<食事の内容>
画像の説明
・タンパク質と炭水化物をたっぷり、ビタミンやミネラルもきちんと摂りましょう。
・調理法でもひと工夫を。生のものには火を通すことで軟らかくできますし、
繊維の多い野菜はできるだけ細かくすることで、胃の負担を軽くできます。
・香辛料は、食欲を刺激し、胃のはたらきを良くし、消化を促進させます。
また、血行を良くし、発汗を促し、新陳代謝を盛んにします。

東洋医学的な治療

消化器系のトラブルには胃と脾が関係すると考えられています。画像の説明
胃は食物を受け入れ、消化し、消化物の小腸や大腸への運搬に関わります。
脾は運輸に携わり、胃からもたらされた栄養物を吸収して全身に輸送し代謝を
行います。
また、「脾は湿気に弱い。」と言われています。
日本の気候は湿度が高いため、脾はダメージを受けやすい状況にありますので、日頃からできるだけ労わってあげましょう。
下表では、胃と脾が関係するトラブルと使用される方剤を挙げてみました。

小半夏加茯苓湯
臓腑
胃 食べられない
効 能・効 果
体力に関わらず使用でき、悪心があり、ときに嘔吐するものの次の諸症:つわり、嘔吐、悪心、胃炎

啓脾湯
臓腑
脾 腹がすかない画像の説明
効能・効果
やせて顔色が悪く、食欲がなく、下痢の傾向があるものの次の諸症:胃腸虚弱、慢性胃腸炎、消化不良、下痢

六君子湯
臓腑
脾・胃 腹もすかず、食べられない
効能・効果
胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血症で手足が
冷えやすいものの次の諸症:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振
胃痛、嘔吐

香砂六君子湯
臓腑
脾・胃 腹もすかず、食べられない
効能・効果
体力中等度以下で、気分が沈みがちで頭が重く、胃腸が弱く、食欲がなく、
みぞおちがつかえて疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症
:胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐

半夏瀉心湯
臓腑
脾・胃 腹もすかず、食べられない
効能・効果
みぞおちがつかえ、時に悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は
下痢の傾向のあるものの次の諸症:急・慢性胃腸カタル、醗酵性下痢、消化不良、
胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症

↑ページのトップへ