日本製薬商事オフィシャルサイト

生薬

威霊仙(イレイセン)

おもな薬能
鎮痛作用、軟化作用、血糖低下作用、降圧作用、利尿作用、抗菌作用


威霊仙

画像出典:漢方医学の豆知識

性 状

キンポウゲ科シナボタンツル(キンポウゲ科)その他近縁植物の根のこと。中国では1000年前から中国伝統医学で使用され、魚の骨を柔らかくする貴重な救急薬で家庭でも使えたと言う。

成 分

トリテルペノイド、サポニン、フェノール類、糖

薬理作用

鎮痛薬として、神経痛・リウマチ・痛風・筋肉痛・腰痛などに応用し、また言語障害・手足の痳痺・まぶたの引きつれなど各種器官の痳痺による疾患・盗汗・黄疸・浮腫などに応用する。魚の骨が咽頭部や食道に刺さったときに、酢と砂糖で水煎し、ゆっくり飲み下す。

その他 副作用など

作用がはげしいので、虚弱体質の方は使用しない方がよい。 服用時に茶は禁忌。

根を冬季に採掘し薬用にします。民間療法ですが、魚の骨を柔らかくする 効果があると言われ、魚の骨が喉に刺さったときに水または米酢などを 煎じて飲むとよいとされています。