日本製薬商事オフィシャルサイト

生薬

杏仁(キョウニン)/食材名:アンニン

おもな薬能
せき止め、痰きり、ぜん息、呼吸困難、便秘、むくみ


杏仁

杏仁の最も特徴的な作用はせき止めです。肺に潤いを与えて乾いたせきやぜん息を落ち着かせ、呼吸困難を緩和します。
また、大腸にも潤いを与えるので、便秘の解消にも効果的です。
ただし、少量の毒を含む為、多量に用いると危険があります。特に子どもへの使用は慎重にして下さい。

注意点:苦杏仁を使う場合は、一度にたくさん食べないこと。

五性・五味・帰経

五性:微温   五味:苦   帰経:肺・大腸

代表的な成分

アミグダリン、オレイン酸

薬膳では

杏仁豆腐は、もとは咳止めの薬膳デザートでした。薬効は弱いものの無毒な甜杏
仁(南杏)が使用されます。杏仁にはもう一種類・苦杏仁(北杏)もありますが、取り扱いに注意が必要なため漢方薬で使われます。