日本製薬商事オフィシャルサイト

水とは

水

水にあたる五臓は「腎」、五腑は「膀胱」尿をつくって排泄する役割ばかりでなく、生殖、成長などをつかさどっています。

一腎の働きと疾患

五行の水は、五臓では腎に、五腑では膀胱に当たります。腎は尿をつくるばかりではなく、現代医学にない働きも担っています。それは生殖、成長、発育などです。

東洋医学の古典では、腎の作用は「作強の官、技巧出ず」といいます。
作強の官とは生体を充実させ、外邪の侵入を守る働きのことを指し、伎巧出ずとは各器官にそれぞれの働きを全うさせるという意味です。

腎・膀胱

また、「腎は精を蔵す」ともいいます。精とは、両親から受け継いだ先天の気と、水穀の精微から得た後天の気とがー緒になったもので、成長、発育などを受け持っています。これを「腎精」とも呼び、腎精が充実すると、体は成長、発育し、腎精が少なくなると、老化が始まります。

精子をつくる、生理、性欲、妊娠なども、腎精が担っており、腎精が不足すると、生殖機能が正常に働きません。この生殖方面の働きを担うのが右腎であり、これを「命門」といいます。

頭痛

また、腎精が不足すると、子どもでは発育が遅れ、歩き出すのが遅い、歯が生えるのが運い、体が大きくならないなどの症状が出ます。大人では不妊、インポテンツなど生殖機能が低下する、歯が抜ける、髪が白くなる、耳が遠くなる、足腰が衰えるなどの老化現象が起こります。

腎は現代医学の腎臓と同様、尿をつくって排泄する働きもあります。この働きが衰えると、尿が出にくい、尿量が少ない、むくむなどの症状が出ます。さらに、骨や脳をつくり出す働きも腎が支配しています。

そのため、この働きが鈍ると、骨がもろくなる、腰が曲がるなどのほか、めまい、頭痛などの頭部の症状も出ます。

五行説の五竅では水は耳です。そのため、高齢になって腎の働きが弱ると難聴や耳鳴りが起こります。

膀胱の働きと疾患

膀胱は「津液を蔵す」といい、余分な体液を尿として貯蔵しています。膀胱でー定の尿をため、排泄していますが、この働きは腎によつて管理されています。膀胱の働きが鈍ると、尿の出が悪い、尿がもれる、トイレに行く回数が増えるなどが起こります。