日本製薬商事オフィシャルサイト

漢方用語解説

漢方用語解説

漢方では西洋医学と違い、心と身体はひとつ と考えられており、心身一如(しんしんいちじょ)と呼ばれています。よってその治療法にについても西洋医学の考え方とは大きく異なり、病名(病気)ではなく、心と身体の「状態」(病人)によってその処方が変わります。

ここでは日頃馴染みのない漢方用語をわかり易くまとめてまいります。奥深い漢方の世界も知っておく事でより自分にあった治療や漢方薬を知ることができます。

漢方(医学)とは

漢方とは漢の時代に限らず中国古来の方術という意味です。
この言葉が用いられるようになったのは、江戸時代中期にオランダ医学が日本に入ってきて、これを蘭方と呼んだのに対し、それまで日本で行われてきた中国伝統医学に付けられた呼び名です。
中国伝統医学とは漢の時代から三国六朝時代にかけて作り上げられた一つの医学体系で、時代がすすむにつれ、日本など周辺の漢字文化圏に広がって行きました。
日本には五~六世紀頃に伝わり、特に江戸時代になって中国とは違う方向に発展して行きました。それは徳川幕府の鎖国政策により、二百数十年にわたり、交流がほとんど途絶えている間に、日中両国の医学は独自の発展を遂げました。
漢方医学は狭い意味ではこの日本で発達した医学体系を日本漢方、現在の中国伝統医学を中医学と区別していますが、広い意味では西洋医学に対する東洋医学として用いられています。

未病(みびょう)とは

現在は職場はもとより、自治体でも定期健診が行われ、病気の早期発見に努めています。自覚症状のない人が、検査値により異常が見つかり早期治療が行われるようになりました。
このような場合でも、今にして思えばなんとなく具合が悪かったというようなことも多いようです。
これとは逆に、どうも身体の調子が悪いということで、病院に行き、色々検査をしてもらっても異常が見つからず、気のせいと片付けられたりすることもあります。
漢方医学では、はっきりした異常があらわれなくても、体内のバランスに何らかの乱れがあり、漢方医学の診断法でそれが認識される場合は、広い意味での病気とみなし治療すべきだとしています。
漢方では、こういった状態を「未病」(みびょう)と呼んでいて、本格的な病気になってしまう前に治療することが大切と考えています。

養生(ようじょう)

人というものはいつしか死を迎えることは避けられないことでありますが、健康で長生きしたいと思うのは当然のことで、ここから養生学が発達してきました。その主なものとして次の三つがあげられます。

心の養生…感情をコントロールし、精神の安定をはかる。

食の養生…暴飲暴食、偏食はしないで、バランスの良い食事を取る。

性の養生…過度の性生活を避ける。

このうち特に食に関する食養が重要であり、医食同源、薬食同源という言葉があるように、この考えを表しています。

気血水(きけつすい)

東洋医学では、気血水は人体を構成する基本物質であり、この気血水によって体内の臓器が正常に働き、心身の活動が営まれます。
そして病は気血水の変調によって起こると考えられ、治療はこの三者のバランスをはかることとしています。

気血水が不足すると、人体の活動力が低下したり、身体がやせ細ったりして虚弱体質になり、病気にかかりやすくなると考えられています。
また気血水に不足はなくても、これらの代謝に異常があれば、体内に異常代謝物質が生まれて生理機能を傷害し、病気を起こしやすい体質になります。

気(き)

漢方では良く使われる言葉です。人間の生命維持に必要なエネルギーと解釈される事が一般的です。「血」や「津液」を先導する役割をします。

血(けつ)

生命維持に必要な栄養や燃料となるものを指します。西洋医学でいう血液と良く似た理解ですが、赤血球や血液、血小板を指すだけではなく、血液が及ぼす作用についても含んだ概念として使われます。全身の組織や器官を滋養します。

水(すい)(津液)

体内のすべての水液のことで、各臓器、組織、器官に内在する体液および胃液、腸液、唾液、涙などの分泌液を含む水液の総称で、津液ともいいます。

気虚(ききょ)

「気」が減退や低下している、または足りない状態を指します。体が怠かったり、疲れが取れないなどの症状がでたり、気虚が原因で起こる症状が発生します。
原因:先天性虚弱体質、老化、栄養不良、疲労、不摂生、慢性疾患など
症状:元気がない、気力がない、体がだるい、疲れやすい、食欲不振、めまい、立ちく
   らみ、息切れ、風邪をひきやすく治りにくい、声が小さく力がない、汗をかきや
   すい、内臓のアトニー症状など。
治療:気の生成や貯蔵を行う脾肺腎の作用特に脾と腎を高める方法が主に使われます。
   補気薬に健脾(けんぴ)薬を配合したものが基本です。
生薬:補気薬…人参、甘草、黄耆、白朮
   健脾薬…山薬、粳米、茯苓、大棗

気滞(きたい)

体内の「気」の流れが滞っている、又は悪化している状態を指します。気が滞れば血も水も滞ります。
原因:感情の激しい変化やストレス、外から侵入してくる邪※、飲食の不摂生、外傷、怪
   我等により、気の動きが妨げられて起こります。
   気滞は気鬱と気逆とに分けられます。

気鬱
気の停滞した部位に症状があらわれます。停滞の部位により胸部気滞、脾胃気滞、肝気鬱結などといわれています。
症状:主な症状はつかえ感であり、胸のつかえた感じ、喉のつかえ感、心臓部のつかえ
   感、あばらの下の痛み(胸脇苦満)、腹部の膨満感を引き起こします。また、イ
   ライラ、不安、憂鬱傾向などの精神症状を伴います。
治療:理気薬、解鬱薬を主に、さらに発生の要因に対応するものを加える。
生薬:枳実、柴胡、香附子、厚朴、半夏、川芎、陳皮、薄荷

気逆
一定の方向に流れていた気が本来の流れと逆行する状態をいいます。
胃のように食物を下に送ったり、肺のように吸気を収めるという下方に向かう機能が障害されて、上方に向かって突き上げるような状態を気の上衝といいます。
症状:のぼせが最も代表的な症状で、肺の気が上昇すると、うまく呼吸できなくなり、
   顔面紅潮、頭痛、めまい、動悸、呼吸困難など起こり、気が下方に巡らなくなる
   ために血液の流れが妨げられ、多くの場合足が冷えてきます。健康な時の頭寒足
   熱から頭熱足寒という状態になり、さらに胃の気が上昇すると、嘔吐、ゲップ、
   しゃっくり、等の症状が出てきます。
   また、気の上衝は精神症状が出やすくなり、焦燥感、不安感、不眠、多夢などが
   みられます。
治療:理気薬…桂枝(桂枝+甘草)、半夏   
   安神・鎮静薬…竜骨、牡蠣、茯苓、釣藤鈎
   清熱薬… 黄連、黄芩

熱(ねつ)

正常な体の状態を維持するエネルギーの事をさします。体のバランスが崩れ、エネルギーが過剰になった状態も「熱」という事があります。病気が原因で発生する高熱は関係ありません。

水毒(すいどく)

水毒とは血液以外の水分が本来あるべきところに過剰に存在するか、本来ない場所に存在することを言います。
原因として寒さや湿気あるいは気血の異常(気虚、瘀血)、五臓の異常(体液は肺、脾、腎によって調節されている)等様々な原因によって起こります。
そのため症状も多種多様で、体質的な要素も含まれます。
主な症状として:嘔吐、下痢、尿量減少、胃内停水、動悸、めまい、耳鳴り
        頭痛、こわばり
治療:利水燥湿薬に補気薬、理気薬などを配合するとよいでしょう。
生薬:利水薬(温性)…白朮、蒼朮、茯苓、猪苓、黄耆、附子、麻黄
      (寒性)…薏苡仁、防己、車前子、木通
   燥湿去痰薬  …半夏、細辛、陳皮など

臓腑とは

臓腑とは漢方医学における内臓器官の総称で、五臓六腑(ごぞうろっぷ)からなります。

五臓
肝、心、脾、肺、腎

六腑
胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦(さんしょう)

肝(かん)

「気」、「血」が正常に循環するように作用する臓器です。精神状態を安定化します。五行では「木」に属し、「胆」「筋肉」「眼」に関係します。血液を貯蔵し解毒の働きも持ちます。

肝に異常があると
症状:頭痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、目の充血、喉の乾燥、皮膚の乾燥、手足のほてり、筋肉の痙攣・ひきつれ、ふらつき、月経不順などの身体症状や怒りっぽい、落ち着きがなく騒がしい、憂鬱感、抑鬱感、くよくよするなどの精神症状がおこります。

心(しん)

心(しん)は主に二つの働きをします。気の力を借りて血を全身に運び出す働きと、精神の状態を安定化させる働きです。西洋医学同様、血液を全身に送る心臓と同じ使い方もされます。気虚(心気虚)に陥ると動悸や息切れ、胸痛や胸苦しさなどの症状が現れるとされ、小腸(しょうちょう)と表裏の関係にあたります。五行の「火」に属し、「小腸」「血脈」「舌」に関係します。

心に異常があると
動悸、息切れ、脈の結滞等の循環器障害や、興奮、不安、多夢、情緒不安定等の精神症状、その他顔面紅潮、熱感、口内炎、舌炎等が起こります。

脾(ひ)

五臓の一つ。主な働きとして、消化吸収をコントロールしたり血液の流れを調整します。胃で消化された飲食物の中から滋養物質と水液を分け全身に巡らせます。消化吸収によって飲食の中から「気」「血」「津」「精」を補充し、気血を生成する基礎物質を供給して血液が血脈から漏れ出ないよう統制します。五行の「土」に属し脾臓、胃、口唇、筋肉と関係します。

脾に異常があると
症状:食欲不振、軟便、下痢などの消化器症状や疲れやすい、元気がない、筋力低下、出血しやすい、月経異常など気血の不足症状の他、浮腫、尿量減少等が起こります。

肺(はい)

五臓の「肺」は、西洋医学でいう肺の働き(呼吸器系)だけでなく、消化器系の働きもコントロールするとされています。水分代謝、皮膚、免疫機能などと深く関係する臓器です。「肺」の「気」が不足すると、風邪の症状が出たり呼吸器系に障害がでます。五行の「金」に属し大腸、皮毛、鼻に関係します。

肺に異常があると
症状:呼吸困難、息苦しい、咳、黄色痰等の呼吸器症状や皮膚の乾燥、口・喉の乾燥、
発汗異常等の水分代謝に関する症状その他疲れやすい、顔色不良等が起こります。

腎(じん)

五臓の一つ。精を貯蔵して水液代謝を行うとされます。水分代謝の働きを担うほか、成長、発育、生殖に深く関係します。西洋医学でいうホルモンや内分泌系と考えると分かりやすしかもしれません。五行でいう「水」に属し膀胱、骨髄、歯、耳に関係します。

腎に異常があると
症状:めまい、耳鳴り、脱毛、歯のぐらつき、健忘、知能減退、動作緩慢、腰や膝がだるく力がない、視力低下、性機能低下、女性では無月経等の症状、更に進むと、冷えに加えて、頻尿、多尿、尿失禁、夜尿症などの泌尿器系の症状や夢精、早漏、性欲減退、インポテンツ、などの生殖器系の症状が出てきます。また熱感やほてりをともなうのぼせ、いらいら、不眠、口やのどの乾燥などの症状が出てきます。

証(しょう)

証とは病人の現在の自他覚症状のすべてを「漢方的な物差し」で整理し総括して得られるその時の漢方的診断になります。東洋医学では病気は刻々変化するものと認識しており、「○○湯の証」というように表現されます。

瘀血(おけつ)とは

「瘀」とは停滞の意味であり、血の巡りが障害されて上手く流れなくなり、血管自体ももろく破れやすくなった状態をいいます。
東洋医学では非常に重要な概念で、瘀血は全ての病気の根源であるとさえいわれています。
瘀血が単独で起こることはなく気水の異常と関連して出現することが多いようです。
瘀血が起こる原因として外傷、打撲、手術等の直接的な原因から精神的ストレス、過食、運動不足、また寒湿熱等の三邪等も原因となります。

病因

漢方では、人体と自然界との関係は、大宇宙(自然界)=小宇宙(人体)とされ、人体は基本的に大宇宙の一部と考えられています。
人体は正常な生理活動を保つために自然界と平衡を維持し、そのバランスが崩れた時病気を引き起こすと考えられています。バランスが崩される原因が病気の原因 病因と呼び、その病因も次の3つに分けられます。

内因・外因・不内外因

1.内因
精神的な負担やストレス、情緒変動等を指します。
具体的には
喜、怒、憂、思、悲、恐、驚
の七種類の感情をいい、七情と呼んでいます。
これらの七情はごく自然な感情で、それがそのまま病気の原因になるわけでは
ありません。
けれども、突発的に強烈な出来事があったり、長期にわたって精神的な苦痛をしいられたりすることによって、生体の自己修復能力(ホメオスタシス)の限界を越えてしまい、内臓の機能に異常をきたすことがあります。

たとえば、怒は肝の働きを一次的に損ない二次的に気血水の失調を招くことに
なります。

怒り過ぎると⇒肝
喜びすぎれば⇒心
思いすぎれば⇒脾
憂いすぎたり、悲しみ過ぎると⇒肺
恐れすぎたり、驚きすぎると⇒腎
このように何事も過ぎると漢方で言われている五臓を傷つけてしまう状態になります。

症状:不眠症、頭痛、月経不順、動悸、喘息、呼吸困難、便秘、下痢、腹痛
腰痛、首のこり、肩こり、出血など

2.外因
外因とは外来性の発病因子(外邪)であり、六淫(りくいん)と呼ばれています。
六淫とは自然界の気候の特徴である六気(風、寒、暑、湿、燥、熱(火))が病の原因となったときに用いられる言葉です。
六気は自然の気象条件であり、通常の状況においては人体を損なうことはまずありえません。
けれども身体の抵抗力が落ちている時や、体質によっては六気の影響を受け発病することになります。
六気が邪となるのは身体の内部にこれと感応する病的な状態がある場合だと考えられています。
たとえば湿気は身体内に水滞があると、これと感応しあい、邪気となり発病すると考えます。
ですので身体内にもともと水滞がなければ、湿気が多い環境にあっても発病しないと考えられます。

六邪


症状:頭痛、熱感、悪寒、めまい、掻痒感、麻痺、しびれ、移動性疼痛、
年間を通じ現れます。


症状:冷感、けいれん、疼痛、薄色の鼻水、痰、多尿、水っぽい下痢
冬に多く現れます。


症状:倦怠感、顔面のほてり、大量発汗、意識障害
夏に現れます。

湿
症状:身体がだるく感じる、頭重、疼痛、胃部のつかえ感、浮腫、湿疹、頻尿、下痢
下肢に現れやすく、慢性化しやすい。


症状:カラ咳、口・鼻の乾燥、皮膚の乾燥、便秘
呼吸器を侵しやすい


症状:出血、吐血、可能性の腫れもの
血管に炎症が起こりやすい

3.不内外因
暴飲暴食、偏食過度の飲酒、過度のセックス、肉体疲労などの不摂生や不養生を指します。
他に外傷や事故なども含まれます。
特に飲食の不摂生は脾胃の働きを弱め、気血を衰退させます。
以上の他、気滞、瘀血、水毒は二次的な発病因子とされています。

四診(ししん)

漢方の診察を進める具体的な手段を四診といい、望診(ぼうしん)聞診(ぶんしん)問診(もんしん)切診(せっしん)の四種類があります。
四診によって得た情報を総合して証を決定します。

1.望診
視覚による診察法です。
顔つき、体格、血色、動作などさまざまな患者の状態を目で見てチェックします。
望診のうちに舌診(ぜっしん)があります。舌は人体の気血の状態、病気の進行具合や性質を客観的に反映すると言われています。特に発熱性の疾患や脾胃の病気などに反映されます。

2.聞診
聴覚と嗅覚による診察法です。
患者の声の調子、呼吸、、咳などの音声を聞き、口臭、便臭、痰などの分泌物の臭いを参考にします。

3.問診
患者の自覚症状や病気の経過、過去の病歴などを聞きます。
熱感、悪寒、汗、食欲の有無、便通、尿利、口喝などの頭から足まで全身に及ぶ体調のすべてとなります。
更に、女性では月経や妊娠、流産の経験なども加えます。

4.切診
病人の特定の部分に触れて病状を知る診察法です。なかでも脈診(みゃくしん)と腹診(ふくしん)から得られる情報が重要です。






受付時間9時~17時 0120-000-382