日本製薬商事オフィシャルサイト

生薬

紅花(コウカ)/食材名:ベニバナ

おもな薬能
婦人科疾患、更年期障害、冷え性


紅花

染料にも使われる紅花は、婦人科疾患に用いられる生薬です。少量を使うと体を温めて血を補う作用が、多めに使うと血の滞りを改善して冷えによる月経痛や無月経、産後の悪阻による腹痛を解消します。
また、打撲による内出血も改善して腫れや痛みを緩和。ただし、月経過多の人や妊婦は出血しやすくなるので使用禁止です。

注意点:月経過多の人や妊婦は控える。

五性・五味・帰経

五性:温   五味:辛   帰経:心・肝

代表的な成分

カルコン、カルタミン、リグナン

薬膳では

紅花は月経困難症の方におすすめです。紅花を軽く煎ってから、血を補う作用のあ
るホタテと一緒に炊き込みご飯(米2合に対して3g程度)に。また、スープや紗め物
に少量入れたり、ハーブティーにしても。