日本製薬商事オフィシャルサイト

病気の症状・治療法

胃痛、胃もたれ

胃痛、胃もたれ

症状や発生原因で分ける

西洋医学の分野では、胃腸疾患を急性胃腸炎、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍などの病名で区別していますが、東洋医学では、症状や発生原因から見ていきます。
胃痛や胃もたれも、もともと胃腸が弱い場合、冷えが原因の場合、暴飲暴食が原因の場合、ストレスが原因の場合などに分けて考えます。
一般に、甘いものや脂っこいものがむしょうに食べたくなるときは胃腸をこわす前触れです。

胃腸が弱い場合

生まれつき胃腸が弱い場合と、慢性病にかかったあとや老化などで胃腸が弱くなる場合があります。
どちらも症状としては、元気がない、食欲がない、疲れやすいなどが見られます。消化機能が低下しているため、胃腸の機能を活発化させ、消化を促す漢方薬を処方します。

冷えが原因の場合

冷たいものを摂り過ぎたり、寒いところや冷房の効いた部屋に長時問いたりして、胃を冷やすと胃が痛くなることがあり、下痢を伴うこともあります。

こんなとき、腹部や足をさわってみると冷たいはずです。
胃腸を温めることで消化を促進させ、治します。

暴飲暴食が原因の場合

脂っこいものや繊維質の摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎなどで、食べ物が十分消化されないために起こり、食欲不振、胸やけ、ゲップ、腹張り、腹痛、吐き気、下痢などの症状を伴います。
消化機能を丈夫にして、水分代謝を改善させる漢方薬を処方します。

ストレスが原因の場合

試験の前などに胃が痛くなった経験のある人は多いでしょう。
胃腸は精神的な影響をとても受けやすい臓器です。ストレスは気の流れを滞らせ、イライラの原因となります。
気の流れをスムーズにし、精神的緊張を緩和して、胃腸の働きを整える漢方薬で治します。