日本製薬商事オフィシャルサイト

生薬

薤白(ガイハク)/食材名:らっきょう

おもな薬能
胸から背に抜け刺さるような痛み、胸苦しさ、動悸、狭心症、 呼吸困難、ぜん息、下痢、渋り腹


薤白

気の流れをよくして、体を温める作用があります。特に胸部の冷えや気滞を解消し、「胸痺」と呼ばれる胸から背に抜けるような鋭い痛みや胸の圧迫感、呼吸困難を改善するので、「胸痺の要薬」とも言われます。
また、大腸の気の滞りを改善し、下痢や渋り腹の解消にも効果的です。

注意点:胃潰瘍のある人は、粘膜を刺激するので、食べ過ぎない。

五性・五味・帰経

五性:温   五味:辛・苦   帰経:肺・胃・大腸

代表的な成分

アリイン、ガラクツロン酸、ガラクトース、キネノシド、グルコース、スクロース、二硫化アリル、ラムノース

薬膳では

胸の気の巡りをよくするので、気虚や陽虚タイプの体質で、胸の圧迫感や苦しさがある人は、らっきょうを常食するとよいでしょう。らっきょうの旬は5-7月ですが、甘酢漬けなどにすれば通年食べられます。