日本製薬商事オフィシャルサイト

病気の症状・治療法


病気について(虚血性心疾患)


もくじ

心臓病について

心臓は胸の中央からやや左寄りに存在し、血液を全身に送り出すポンプの働きをしています。ヒトの心臓は右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋に分かれています。

血液は、左心室から大動脈へと送り出され全身を回り、大静脈から右心房に戻り、右心室から肺動脈へと送り出され、肺で酸素を受け取った血液は肺静脈から左心房へと戻ります。また、弁は血液の逆流を防いでスムーズに流す働きをしています。

全身の臓器が正常に機能するためには心臓から送り出される血液が必要不可欠です。
この心臓に異常が起こる心臓病は、がん、脳卒中とともに日本人の三大死因の一つです。心臓病は大きく分けると以下のようなものがあります。

<心臓病の種類>

虚血性心疾患動脈硬化が主な原因となる。狭心症や心筋梗塞。
不整脈脈拍のリズムが乱れる。問題のないものから治療の必要があるものまで様々な種類がある。
心膜・心筋の病気心膜炎や心筋症、心筋炎など。
心臓弁膜症弁膜が故障した状態。狭窄症と閉鎖不全症がある。
先天性の心臓病生まれつき心臓に問題がある。心房中隔欠損、肺動脈狭窄など。
その他心肥大、心臓神経症など。

以前は心臓病というと先天性のものや心臓弁膜症が大部分を占めていましたが、近年生活習慣病として高血圧と関わりのある虚血性心疾患が増えてきています。


<心臓内部の構造>

画像の説明



虚血性心疾患とは

心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。心臓の壁は心筋という筋肉でできていて、この心筋の収縮によって心臓のポンプ作用が行われています。心臓が規則的なポンプ活動を続けるためには心筋に十分な酸素が必要で、心筋の表面をとりまく3本の冠動脈(右冠状動脈、左冠状動脈の前行下肢と回旋枝)が供給しています。

 「虚血」とは血がない状態のことで、心臓の栄養血管である冠動脈が動脈硬化や血管の攣縮などにより詰まり、そこから先の心筋が酸素不足になる状態を虚血性心疾患といい、狭心症や心筋梗塞があります。冠動脈硬化の危険因子は高血圧の他に、脂質異常、喫煙、高血糖、家族歴などです。虚血状態になると、胸が苦しくなって痛みや締め付けられるような症状が出ます。症状は軽いものから激しいものまでいろいろですが、どことは言えない広い範囲に症状が出ます。また、心臓のポンプ機能にも影響が出るので息苦しくなるなどの症状も出ます。しかし、糖尿病患者や高齢者は虚血性心疾患が起きても無症状の場合があるため注意が必要です。

 平成17年の日本における心疾患による死亡者数をみると、心疾患は悪性新生物に次いで2位となっており約17万人の人が亡くなっています。このうち虚血性心疾患で亡くなる人は約半分を占め、対策が重要となっています。



<心臓外部の構造>

心臓外部の構造


虚血性心疾患発作時の痛みの範囲>

虚血性心疾患発作時の痛みの範囲



虚血性心疾患の病態

狭心症

狭心症とは冠動脈の動脈硬化や血管の攣縮などにより心筋に十分な血液が行かなくなったり、心筋の酸素消費が増加することにより心筋への酸素供給が不足し、一時的な胸の痛みや圧迫感を伴うが、まだ心筋の壊死が起こっていない状態をいいます。胸が締め付けられるような狭心痛が発作として起こり、数十秒から10分程度で治まります。また速効性硝酸薬(ニトログリセリン)がよく効きます。狭心症は症状の起こり方や症状によって以下のように分類されます。

<症状の起こり方による分類>

労作性狭心症運動や何らかの動作で心臓に負担がかかるために起こる狭心症。階段を上ったり、喫煙、興奮など身体的、精神的活動が高まった際に痛みが起こります。
安静時狭心症安静にしていても、血管の攣縮や血管内に血の塊ができて冠動脈の血流が低下することで起こる狭心症。



<症状による分類>

安定狭心症どのくらいの動作で発作が起こるのかある程度予測できる狭心症。
不安定狭心症発作の回数が増えてきた、発作止めの薬が効かなくなった、軽い動作で発作が起こるようになった、などの状態。心筋梗塞になりやすい状態。



心筋梗塞

心筋梗塞とは、心臓への血液供給が突然ひどく減少するか、あるいは途絶えたためにその血流で養われていた心筋が酸素の供給を受けられずに壊死する状態をいいます。激しい胸痛が起こり、強い不安感や吐き気、冷汗などを伴います。狭心症よりも痛みがひどく、発作は30分~数時間続き、安静にしていてもニトログリセリンを服用してもなかなか治まりません。心筋梗塞の主な原因としては、アテローム性動脈硬化が起きている部分でアテロームが破裂し、血栓が詰まることで起きると考えられています。他には血管の攣縮なども考えられます。

心筋梗塞を起こした場合死亡率が高いため、一刻も早い専門病院への入院が必要です。心筋梗塞は合併症を生じやすく、心筋梗塞発症直後から数日は不整脈、心原性ショック、血栓性の病変が起きやすくなります。特に急性心筋梗塞の場合、不整脈が高率で起こります。発症後数日から2週間にかけては心室壁、心室中隔の断裂、発症後数週から数ヶ月は心室瘤の形成が起きる可能性があります。心筋梗塞を起こしてから1ヶ月は心臓に負担をかけないようにしなければなりません。




虚血性心疾患の治療

虚血性心疾患の状態を確認し治療方針を決めるために、心電図検査、運動負荷試験、心臓カテーテル、心エコー、血液検査などを行います。状態を把握したら、生活習慣の改善、薬物療法、外科的治療などを行います。


生活習慣の改善

  • 食生活
    コレステロール、塩分などは控えるようにする。栄養バランスにも気をつける必要がある。

  • 禁煙
    喫煙は虚血性心疾患になる可能性が高まるため禁煙が必要。

  • 運動
    全身を使った軽い運動をすることで心臓機能が向上する。狭心症の発作がたびたび起こる時や心筋梗塞の直後は禁止。



薬物療法

狭心症では発作を軽くし、心筋虚血の改善、心筋障害の予防、心筋梗塞への移行を防ぐことが目的となります。心筋梗塞において薬物療法が最も必要となるのが急性期で、痛みの緩和、血管の拡張、血栓の溶解、合併症の治療などに用いられます。虚血性心疾患によく用いられる薬剤には次のようなものがあります。


虚血性心疾患に用いられる薬剤>

分類作用と特徴
硝酸薬心臓の負担を軽減し冠動脈を拡張する。短時間作用型と長時間作用型があり、短時間作用型にはニトログリセリン、長時間作用型にはイソソルビドなどがある。
β遮断薬心臓の働きを抑え酸素需要を減らす。また心臓発作や突然死のリスクを減らす効果がある。
カルシウム拮抗薬冠動脈を拡張するとともに冠動脈の痙攣を予防する。血圧を下げて心臓の負担も軽くする。

その他にも ACE阻害薬、抗血小板薬、血栓溶解薬、高脂血症薬、鎮痛剤などがあります。


冠動脈形成術

先端に風船のついたカテーテルを使い、冠動脈の狭窄部で風船をふくらませ動脈を広げる。十分に広がらない場合は、ステントを血管の内部に入れ補強する方法もあります。狭心症の症状改善のほか、心筋梗塞の急性期に冠動脈を拡張して壊死する心筋を最低限にするためにも行われます。



冠動脈バイパス術

冠動脈の狭窄部分を避け、大動脈との間に新しく血管をつくる手術。
動脈あるいは静脈の一部を冠動脈につないで新しい血流ルートをつくります。






受付時間9時~17時 0120-000-382