日本製薬商事オフィシャルサイト

金とは

金

金にあたる五臓は「肺」、五腑は「大腸」肺は呼吸をつかさどるばかりではなく、気を作り出し、病気の原因である「外邪」から体を守る働きもあります。

一肺の働きと疾愚

五行の金は、五臓では肺に、五腑では大腸に当たります。
肺のおもな働きは、呼吸や全身の気の調整を行うことです。

東洋医学の古典では「相伝の官、治節出ず」といっています。上位の器官である心を助けて、その他の器官を統率しており、呼吸機能ばかりでなく、皮膚、鼻、のど、血管の運動神経の働きまで担っています。

肺・大腸

肺は呼吸運動で新しい気を吸い込み、汚れた気を鼻から吐き出しています。
吸い込んだ気は、飲食物から吸収した栄養分である水穀の精微とともに「宗気」をつくり出しています。

もし、この宗気が不足すると、全身の気が不足し、疲れやすい、やる気が出ない、冷え性などの症状が出ます。

また、宗気は「営気」となり、肺はこの営気を皮膚をはじめ全身に送り込む働きもしています。この働きが弱ると、皮膚は乾燥し、抵抗力がなくなります。そのほか、汗を出す、体に侵入し外邪を追い出す、水の代謝を円滑に行うという役目もあります。

そのため、肺の機能が衰えると、かぜをひきやすくなったり、汗がでない、寝汗をかく、むくむなどの症状が出ます。
 
さらに、肺は皮毛をつかさどっています。皮毛とは体の表面のことで、皮膚、汗腺、うぶ毛などを指し、これらは体の中に外邪が侵入するのを防いでいます。そのため、皮毛が正常に働かなくなると、かぜを引きやすい、寒けがする、皮膚がかゆい、皮膚が乾燥するなどの症状が出ます。反対に、皮膚を鍛えると、肺を丈夫にすることができます。

五行説の五竅では金は鼻です。そのため、肺の病変は鼻に現れます。肺に異常があると、鼻つまり、鼻水、嗅覚が鈍るなどが起こります。

また、のども肺の支配下にあるため、肺の異常は声がかれる、咳が出るなどの症状を現します。

大腸の働きと疾患

ゴロゴロ

大腸の働きは現代医学の大腸とほとんど変わらず、
大便をつくつて、排泄しています。

大腸は、小腸から受け取つた残りカスの中から
さらに水分を吸収し残りを便として捌泄しています。

この働きが鈍ると、便秘、下痢、下腹部の痛みなどが現れます。