日本製薬商事オフィシャルサイト

気滞とは

画像の説明

気が滞ってイライラ、吹き出物やかぶれ起こしやすい。

どんな状態?

気が体内を巡らず滞ってしまうのがこのタイプ。気は目に見えないものでわかりにくいものですが、気持ち、元気、やる気の木で、精神的なエネルギーのことだとイメージしてください。気は起きている時は体内をめぐっていて、寝ている時はお腹に収まっているのが正常な状態です。気に異常があるときは、だいたい気は上半身にかかったまま滞ってしまうので、考え事をしがちになってしまいます。

何が原因?

画像の説明

精神的ストレスが大きな原因ですが、不規則な生活と食事が原因のこともあります。
人に気を使いすぎる人がなりやすいタイプです。

起こしやすい症状

精神神経系や自律神経が乱れやすく、イライラ、怒りっぽい、マイナス思考。不眠、うつ病などの情緒不安定をしがち。これは肌にも影響し、吹き出物やかぶれ、蕁麻疹などがでやすく、肌質が乾燥したりし脂性肌に傾いたりして一定しません。体の不調としては喉が詰まる、お腹が張る、食欲不振、肩こり、頭痛など起こしやすいのが特徴。

なりやすい病気

うつ病、自律神経失調症、神経症、拒食症、過食症、神経性胃炎、胃潰瘍、過敏性腸症など、メンタルに関わる病気に注意しましょう。

体質改善法は?

ストレスを解消しリラックスすることが1番ですが、リラックスが下手なのも、このタイプの特徴であります。そこで、オフィスでも簡単にできる改善法としてオススメなのが、深呼吸。鼻から吸って口から吐く、お腹からの深呼吸ゆっくり行うと気の巡りが良くなります。
好きな香りでアロマテラピーを楽しむのもリラックスには最適。また、しそ、生姜、ジャスミンなどの香りのある商品を意識してとることも有効です。