日本製薬商事オフィシャルサイト

火とは

火



「火」にあたる
五臓は「心」、
五腑は「小腸」。

心は精神の働きを統括し、
小腸は飲食物を消化して、
栄養分と残りカスに分ける働きを持っています。

心の働きと疾患

五行の火は、五臓ならば、五腑ならぱ小腸に当たります。
心のおもな働きは血を循環させることで、さらに精神活動もつかさどつています。

心は「君主の官、五臓の首」といわれ、五臓の中では最高位を占めています。ほかの臓器に血を循環させて、生命活動を維持しているのです。そのため、この機能が衰えると生命を維持することができません。

また心は精神の働きを統括しています。つまり感情、感覚、思考などのさまざまな精神的な働きを統括しているのです。心が充実していると、精神はおだやかで情緒も安定します。しかし、心が病むと、動悸、不眠、胸苦しさ · 不安感、意識の混迷などを起こします。

心・小腸

五行説の五竅(ごきょう)では火は舌です。そのため心は舌の働きを維持し、心の変化は舌に現れます。心に異常があると、味覚がわからなくなったり、舌に赤味が増し、舌の先が痛んだり、 舌に潰瘍ができたりします。さらに弱ると巻舌を呈するようになります。

五行説の五色では火は赤です。心の血が充実していれば顔色はよく、不足すると顔色が青くなつて生気がなくなります。

しかし、あまり赤い場合には、高血圧心照病などの循環器系疾患の疑いがあります。鍼灸の分野では、心を包む外膜を「心包」」といい心の属器官として六腑にいれることもあります。

小腸の働きと疾患

小腸の働きを東洋医学の古典では「受盛の官、化物出す」といっています。受盛の官とは受け入れて集めようとすることで、化物とはそれを変化させることです。

胃で消化された飲食物は小腸が受け集め、さらに消化させ、気や血の元になる栄養分(東洋医学では「水穀の精微」という)と残りカスに分ける働きをしています。

ゴロゴロ

小腸は、飲食物から抽出した水穀の精微を脾に送り出します。残りカスは固形物と水分に分けたのち、固形分は大腸に送り、水分は膀胱に送り出します。

小腸は、胃から送られてくる飲食物が多過ぎても、また栄養分を運び出す脾の働きが悪くても、すぐに飽和状態におちいります。

小腸の働きが充実していれば、消化活動はスムーズに行われます。もし、この働きが鈍ると、大小便に影響が出て、軟便、下痢、下腹部の痛み、尿の出ししぶりなどとなって現れます。