日本製薬商事オフィシャルサイト

病気の症状・治療法


病気について(脳卒中)


もくじ

脳卒中とは

脳卒中は、脳の動脈が詰まったり破裂したりして脳組織が壊死する病気です。脳卒中は脳と血管が障害されるため、脳血管障害とも呼ばれています。また以前は中風と呼ばれていました。

脳卒中の危険因子は、アテローム性動脈硬化、高血圧糖尿病、心臓病、喫煙などです。アテローム性動脈硬化は脳梗塞、高血圧は脳出血でより重要な危険因子となります。近年高血圧をコントロールする重要性に気付いたことや食生活の変化により、脳出血の発生率は減少してきていますが、反対に脳梗塞は増加傾向にあります。日本における死亡原因をみてみると、悪性新生物、心臓病についで3位となっています。

脳卒中には、大きく分けて脳内の血管が詰まる虚血性のものと血管が破れる出血性のものがあります。虚血性のものには脳梗塞があり、さらに脳血栓と脳塞栓にわかれます。脳血栓症にはアテローム血栓性梗塞とラクナ梗塞があります。また脳梗塞が起こりかかっていることを警告する初期症状に、一過性脳虚血発作(TIA)と呼ばれる一時的に脳梗塞の症状が現れるものがあります。これはミニ脳卒中とも呼ばれています。出血性のものには脳出血とくも膜下出血の2つがあります。


画像の説明



脳卒中の病態

脳梗塞

脳梗塞は、脳に酸素と栄養を運んでいる動脈が閉塞することによって脳組織が壊死する病気です。脳梗塞のタイプは2つに分けることができます。


  1. 脳血栓症
    動脈硬化がおこっている脳の動脈部位に血栓が生じ、血管内を閉塞させてしまうもの。時間を追って徐々に症状が強くなってきます。
    ラクナ梗塞ラクナとは「小さな穴」という意味で、ラクナ梗塞は脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞です。脳に入った血管は次第に細い血管へと枝分かれしていきます。この細かい血管が狭くなり詰まるのがラクナ梗塞です。梗塞が起きた部位によってはほとんど症状がでないことがあります。日本人に最も多いタイプの脳梗塞で、主に高血圧が原因で起こります。
    アテローム
    血栓性脳梗塞
    動脈硬化で狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まって起こるタイプの脳梗塞です。動脈硬化を発症・進展させる高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病が主な原因となります。




  1. 脳塞栓症
    脳以外の部位に発生した血栓、細菌、腫瘍、脂肪などのかたまりが脳の動脈まで流れてきて、血管内を詰まらせてしまうもの。突然に発生し、症状が急に現れます。

    心原性脳塞栓症心臓にできた血栓が血流にのって脳まで運ばれ、脳の太い血管を詰まらせる脳梗塞です。塞栓症のほとんどは心臓で発生した血栓が原因となります。不整脈のひとつである心房細動が主な原因で、心臓弁膜症、心筋梗塞、特発性心筋症なども原因となります。



脳出血

脳の動脈の一部が破れ、脳の中に血液があふれ出るのが脳出血です。破れた動脈の部分は自然にふさがって出血は間もなく止まりますが、あふれ出た血液が固まって血腫ができます。この血腫によって脳が圧迫されたり破壊されたりして、脳の働きが障害され様々な神経障害が現れてきます。

脳出血は、ほとんど高血圧が原因で起こります。高血圧があると動脈に絶えず高い圧がかかるため、動脈壁、特に脳の奥深いところにある細い動脈壁がもろくなって弾力性がなくなる動脈硬化がおこり、高い血圧に耐えきれなくなって破裂し、脳出血を起こすと考えられています。ほかに脳出血を起こす原因として、脳動脈瘤やもやもや病といった脳の血管異常、頭部外傷、脳腫瘍、出血を起こしやすい血液の病気、抗凝固剤の長期服用などがあります。

脳の出血が起こる部位
(メルクマニュアル医学百科より)

画像の説明



くも膜下出血

脳は、硬膜、くも膜、軟膜の3層で覆われています。脳の表面を直接覆っているのが軟膜で、その外側をくも膜、さらにその外側を硬膜が覆っています。くも膜と軟膜の間にはくも膜下腔と呼ばれる隙間があり、脳脊髄液が循環する経路になっています。脳の血管が破れ、このくも膜下腔に出血するのがくも膜下出血です。

くも膜下出血が起こると、大量の血液が急速に脳の表面に流れ込み、頭蓋内の圧が急激に上昇して脳全体を圧迫します。また動脈が破裂したため、一時的に十分な血液が脳に運ばれなくなり脳に障害を与えます。

くも膜下出血の原因の脳動脈がこぶのように膨らむ脳動脈瘤の破裂が主な原因となります。ほかには脳動静脈奇形、頭部外傷、もやもや病などが原因となります。

脳出血や脳梗塞は、高血圧や動脈硬化など生活習慣病に伴う病気が原因となっているため中年以降に多い病気です。一方、くも膜下出血は脳血管そのものの形態異常が原因で起こることが多いため、年齢を問わずに起こります。

脳卒中や一過性脳虚血発作が体に及ぼす影響は、血管が詰まったり出血が起きたりした脳の領域によって異なります。脳卒中の一般的な初期症状は体の左右どちらかの顔面と足に突然筋力低下や麻痺が起こる、不明瞭な発語、突然の錯乱、片目の急激なぼやけや視力の損失、転倒、突然の激しい頭痛、体の片側に起こる腕または足の知覚異常や感覚消失などです。一過性脳虚血発作の場合はこれらが一時的に現れ、1時間以上続くようなことはほとんどありません。脳卒中の症状がみられる場合はすぐに病院で診察を受けることが必要です。脳卒中が発生してから時間が経つほど脳組織の壊死がすすむため、できるだけ早く治療を受けることが必要となるのです。



脳卒中の治療

薬物療法

脳卒中の治療では薬物療法がメインとなります。

分類作用と特徴
血栓溶解薬(t-PA、ウロキナーゼ) 脳血管にできた血栓が血流を止めてしまった場合に使用します。出血を起こす可能性が高く、出血がある人や脳出血を起こしたことがある人には使用できません。脳梗塞が発症してから3時間以内に投与すると効果があがります。
脳保護薬(ラジカット) 脳梗塞が起きた脳内で発生する活性酸素を除去して脳障害を防ぎ、予後の後遺症を軽減します。
脳浮腫治療薬(グリセロール、マンニトールなど) 急性期には梗塞や出血が起こった周辺に水がたまり、「脳浮腫」と呼ばれるむくみが生じ、脳圧が上昇します。脳浮腫は発作後数時間から起こりはじめ、3~4日でピークに達するため早期の治療が重要です。
脳循環・代謝改善薬(セロクラール、アデホスなど)体の状態が落ち着いてから、脳の血液循環や代謝を改善する目的で使用されます。
抗血小板薬(アスピリン、ペルサンチンなど) 血液を固まらせる血小板の機能を抑制して、血栓生成を予防します。一過性脳虚血発作や脳梗塞の発作後に発作を予防するために使用されます。
抗凝固薬(ワーファリン、ヘパリンなど)特に不整脈や心臓弁膜症などが原因の心原性脳塞栓症に対して、発作が治まってから再発予防の目的で使用されます。




手術療法

主に脳動脈瘤が破裂して起こるくも膜下出血で外科的治療が用いられます。出血の再発を防ぐためで、クリッピング法やコイル法などがあります。また合併症として脳血管攣縮や水頭症が起きやすいためその治療も行われます。脳梗塞や脳出血の場合は基本的には薬物療法で、状況にあわせて血腫の除去や頸動脈内膜剥離などの外科的治療が用いられます。



その他

血圧管理や高気圧酸素療法、低温療法などが行われる場合があります。血圧管理は、脳梗塞の場合では基本的に血圧を下げないようにします。これは脳の血流量を減らさないようにするためです。脳出血の場合は血圧が高いとさらに出血するため、最高血圧が200mmHgを超えるような場合、降圧薬を使用して血圧をコントロールします。
また脳卒中を起こすと後遺症が残ることが多くあります。そのため、なるべく早い時期からリハビリテーションが行われています。






受付時間9時~17時 0120-000-382