日本製薬商事オフィシャルサイト

病気の症状・治療法

膀胱炎

男性より女性に多い

膀胱炎は、トイレに行く回数が増え、排尿時に痛みを伴い、排尿後も不快な残尿感がのこる疾患です。

原因は尿道からの細菌感染です。男性より女性の方が尿道が短いため、かかりやすい傾向があります。
ふつうは膀胱に細菌が入っても膀胱粘膜に最近に対する抵抗力があるため、発病しません、しかし、排尿を長時間がまんしたり、冷えたり、体の抵抗力が弱まったりすると発病します。

 

東洋医学では「淋」という

膀胱炎、尿道炎のような疾患を「淋(りん)」といいます。
淋には様々な種類があり、血尿や頻尿を伴う場合には「血淋」、精神的なストレスがあるとトイレが近くなるような場合を「気淋」と呼びます。

ちなみに、腎結石、膀胱結石のような疾患も淋に分類され、「石淋」と呼ばれています。

 

湿邪と熱邪を取り除く

現代医学では、膀胱炎を細菌感染による炎症としていますが、東洋医学では、膀胱に湿邪や熱邪が入り込んで頻尿や排尿痛などを引き起こすと考えます。
治療は、膀胱の湿邪や熱邪を取り除くことを目的とし、その方法として、膀胱の炎症を鎮め、水分代謝を活発にさせる漢方薬を用います。

膀胱炎の初期に漢方薬を服用すると、早期の改善が見込めます。

 

再発防止にも漢方薬

膀胱炎は、一度かかると再発しやすい傾向があります。再発しやすい人は、症状が見られなくなっても、再発防止の漢方薬をしばらく続けることをお勧めします。腎を丈夫にするもの、冷え性を改善させるものなどさまざまで、体質改善を図りながら再発を防止します。