日本製薬商事オフィシャルサイト

生薬

金銀花(キンギンカ)

おもな薬能
皮膚の化膿、のどの腫れ、血便、発熱、下痢、かぜの初期


金銀花

熱を冷ます作用の高い金銀花は、中国では夏バテ予防にお茶の代わりとして飲まれています。
熱を冷ましたり、熱による腫れを解消したりする作用があるので、かぜの初期ののどの腫れや痛み、皮膚の化膿などを改善します。
また、発熱時の粘っこい下痢や血便にも効果的です。

注意点:特になし。

五性・五味・帰経

五性:寒   五味:甘   帰経:肺・胃・心・大腸

代表的な成分

イノシトール、ジテルペノイド、ルテオリン、ロニセリン

薬膳では

体にこもった熱を冷ます金銀花と、同じく熱を冷ます作用のある菊花をブレンドしたお茶は、ほんのり苦みのある爽やかな味わいで、夏バテ解消に効果的。中国でも暑い季節によく飲まれています。