あなたを守る金色の丸薬、妙泉牛黄清心元

金箔で巻いた丸剤の漢方薬、牛黄清心元とはどんな薬?
その基本処方が中国や韓国の古典医書に収載されており、
古くから血液循環器系の改善を目的として用いられてきました。
25種の動・植物の生薬をブレンドし、はちみつを加えて丸め、一丸一丸心を込めて金箔で包みこみました。
妙泉牛黄清心元は、昭和44年に発売以来、おかげさまでお客様にご愛顧いただいております。

このような症状にお悩みではございませんか?

激しい運動をしていないのにどうきがする。
手足のしびれ、ふるえがある。
耳鳴りが止まらない。
めまい、ふらつき。
のぼせ・顔の赤み・むくみがある。
牛黄清心元はこれらの高血圧に伴う諸症状を緩和するために作られた医薬品です!
妙泉牛黄清心元は牛黄・麝香・羚羊角などの動物性生薬をはじめとする
25種の生薬から作られています。
牛黄(ゴオウ)
牛の胆のうの中に生じた結石を乾燥したもので、1000頭に1頭ほどの割合でしか見つかりません。おもな産地はオーストラリア南米です。 東洋医学的には開竅作用を持つといわれ、心血管系への働きに優れ、どうき、のぼせ等に用いられます。※開竅とは、心の閉塞を開通させ取り除くこと。
麝香(ジャコウ)
雄のジャコウジカの香嚢にあるジャコウ腺分泌物を乾燥させたものです。その独特の香りは、「ムスク」として香水の原料でも有名です。 東洋医学的には芳香開竅作用を持つといわれ、循環器系への働きに優れ、高血圧や手足のしびれなどに用いられています。
羚羊角(レイヨウカク)
ウシ科サイガカモシカの角。おもな生息地は半砂漠地帯で、小アジア一帯などの地に生息しています。 東洋医学的には平肝熄風作用を持つといわれ、高血圧やめまい、頭痛などに用いられています。平肝熄風とは肝火を抑え安定させ内風を静めること。
成分 分量 成分 分量
ゴオウ(牛黄) 30mg ジャコウ(麝香) 5mg
ダイズオウケン(大豆黄巻) 130mg アキョウ(阿膠) 130mg
ニンジン(人参) 160mg シャクヤク(芍薬) 110mg
レイヨウカク(羚羊角) 215mg バクモンドウ(麦門冬) 110mg
カンゾウ(甘草) 320mg オウゴン(黄芩) 110mg
ブクリョウ(茯苓) 84mg トウキ(当帰) 110mg
センキュウ(川芎) 180mg ボウフウ(防風) 120mg
キキョウ(桔梗) 80mg ビャクジュツ(白朮) 110mg
サイコ(柴胡) 80mg リュウノウ(竜脳) 90mg
サンヤク(山薬) 450mg ビャクレン(白蘞) 46mg
ホオウ(蒲黄) 160mg ショウキョウ(生姜) 46mg
シンギク(神麯) 160mg タイソウ(大棗) 150mg
ケイヒ(桂皮) 130mg
お問い合わせ
お気軽にご相談ください。(相談、カウンセリングは無料ですのでお気軽にご活用ください。)
お名前*
メールアドレス*
お問い合わせ内容*
©NIHONSEIYAKUSHOUJI CO., LTD.