日本製薬商事オフィシャルサイト

病気の症状・治療法


病気について(リウマチ)


もくじ

リウマチとは

「関節リウマチ」とは、体のあちこちの関節に炎症が起こり、痛みや腫れなどが生じる病気です。長期間にわたって炎症が続くと、軟骨や骨が破壊され(関節破壊)関節が変形し、固まってしまいます。人口の0.4~0.5%、30歳以上の人口の1%にあたる人がこの病気にかかるといわれています。どの年齢の人にも起こりますが、30歳代から50歳代で発病する人が多く認められます。また男性より女性に多く認められます(約3倍)。 15歳以下で発病するものに若年性特発性関節炎がありますが、これは成人の関節リウマチとは症状も検査所見も異なるものです。

病因

完全に病気の原因がわかっているわけではありませんが、患者さんの免疫系(細菌などから体を防御するシステム)に異常があることはよく知られています。このため遺伝子の何らかの異常か、感染した微生物(ウイルスや細菌)の影響か、あるいはこの両方の組み合わせによって起こるのではないかと考えられています。この免疫系が異常に活動する結果として、関節の毛細血管が増加し血管内から関節滑膜(かつまく)組織にリンパ球、マクロファージなどの白血球がでてきます。このリンパ球やマクロファージが産生するサイトカイン(TNFα、IL-6など)と呼ばれる物質の作用により関節内に炎症反応がひきおこされ、関節の内面を覆っている滑膜細胞の増殖が起こり、痛みや腫れを起こし、関節液が増加し、軟骨・骨の破壊が進んでいきます。
この免疫の異常には遺伝的要因と環境が相互に関連しているとされています。

画像の説明

発症のきっかけになりやすいもの:妊娠・出産、けが、感染症、精神的ストレス

症状

関節リウマチの症状には、関節の症状と関節以外の症状があります。

初期症状

手指(指の付け根=中手指節関節、指先から二番目=近位指節関節)、足趾、手首の関節の痛みと腫れが数週間から数か月の間に徐々に起こります。触れると熱感があることもあります。肘や膝の関節にも痛みと腫れがみられます。

関節の痛みは最初一つあるいは少数の関節から始まりますが、長い間には左右の同じ部位の関節に起こることになります。

関節の腫れるのには複数の原因が考えられます。関節液が貯まることも原因になりますし、関節を包んでいる組織に炎症が起こって滑膜が増えるためで起こることもあります。また変形が進むと、それが腫れのようにみえることもあります。

関節を動かし始めるときにこわばって、なんとなく動かしにくく、使っているうちにだんだん楽に動かせるようになります。朝、起きたときに最も強く感じるので「朝のこわばり」とよばれます。昼寝をしたり、長い時間椅子に坐っているなど関節を動かさないでおいた後にもこわばりはみられます。関節リウマチでは朝のこわばりの時間が長いほど病気が活動的であると言われてきました。

関節痛は、よくなったり、悪くなったりをくり返しながら慢性の経過をたどりますが、なかには、数か月で完全に治ってしまう人もいます。

症状は天候に左右されることが多く、暖く晴れた天気が続くときは軽く、天気が崩れ出す前や雨の日、寒い日には痛みが強くなります。夏でもエアコン冷房の風が直接関節部にあたることなどで関節痛が強くなります。

病気が進行すると

病気が進行すると、関節の骨や軟骨が破壊されて関節の変形が起こり、関節を動かせる範囲が狭くなります。

手指が小指側に曲がる尺側偏位、足の親指が外側に曲がる外反母趾、膝や肘が十分に伸ばせなくなる屈曲拘縮などがみられます。

頭を支えている頸(くび)の関節が侵されてずれやすくなる(環軸関節亜脱臼)と後頭部が痛んだり、手の力が入りにくくなったりしびれたりします。

全身症状として、疲れやすさ、脱力感、体重減少、食欲低下がみられます。
肘の外側、後頭部、腰骨の上など圧迫が加わりやすい部位の皮下にしこりを生じることがあります。皮下結節とよばれています。

胸部エックス線写真をとると胸水がたまったり、肺の下部に肺線維症と呼ばれる影がみられることがあります。

涙や唾液が出にくくなるシェーグレン症候群がみられることもあります。

心臓、肺、消化管、皮膚などに血管炎が起こり、発熱や心筋梗塞、肺臓炎、腸梗塞などの症状をひきおこす悪性関節リウマチは、厚生省の特定疾患の一つに指定されています。治療費の自己負担分が公費で補助されます。

関節破壊と発症後経過年数

最近の研究で、関節リウマチによる関節破壊は、発症後間もない時期から始まり、さらに最初の2年間に急激に進むことがわかってきました。そのため現在は、炎症を抑える治療をできるだけ早い段階で開始して、関節破壊の進行を食い止めることが、治療の原則になっています。
関節リウマチによる関節破壊は、最初の2年間に、発症2年目以降の約5倍の急激なスピードで進みます。

リウマチ薬の種類

非生物学的製剤

免疫の異常を修復して炎症を抑える薬(経口薬)
メトトレキサート(商品名リウマトレックス) サラゾスファビリジン ブシラミンほか

薬名リウマトレックス
画像の説明
概要2011年2月に上限使用量の拡大(週8㎎から週16㎎へ)と、関節リウマチに対する第1選択薬としての使用が承認され、世界で最も使用されている最も標準的な抗リウマチ薬。
副作用主な副作用として肝機能障害、口内炎、胃腸障害、などで、多くの場合、これらの副作用は葉酸を併用することで抑制できる。稀に間質性肺炎や白血球や血小板が減少する骨髄抑制を認める事もあり、リウマトレックス服用中は定期的な受診と検査を欠かさないように注意が必要。またB型肝炎ウイルスキャリアの方は劇症化が報告されている為、原則的にリウマトレックスの投与はできない。

生物学的製剤

免疫異常を起こす物質の働きを抑えるものとT細胞の働きを抑えるものがある。       
インフリキシマブ(商品名レミケード)、アダリムマブ、トシリズマブ(商品名アクテムラ)、アバタセプトほか生物学的製剤は関節リウマチに対して2003年から国内での使用が開始された。

これまでの抗リウマチ薬に比べて薬剤費が高価であり、生物学的製剤を使っている患者さんのみだと、平均で年間約70万円、毎月6万円弱と大幅に高額な負担であるとわかった。(日経メディカル20130307)

現在、6種類が使われており今後さらに増える事が見込まれている。生物学的製剤は免疫抑制作用を持つ為、副作用としては重症感染症で、ニューモシスティス肺炎、細菌性肺炎、結核など肺病変には注意が必要。急性の発熱、咳、息苦しさなどの異常を感じた場合、すぐに受診し検査を受けることをおすすめします

関節リウマチ検査値ミニ解説 

CRP(C反応性たんぱく)と赤沈(ESR、血沈)

CRPは、炎症や組織の破壊が起こると血液中に現れる特殊なたんぱく質です。炎症のない状態では陰性(-)正常値はおよそ0.3㎎/dL以下です。関節リウマチの炎症だけでなく、ほかの膠原病や細菌感染症でも陽性(+)を示します。炎症が強いほど数値が高くなりますが、その程度には個人差がある為、一人一人の経過を観察するのに有用です。炎症を示す検査値には赤沈(ESR)もあり、正常値は男性10mm以下、女性15mm以下で、炎症が起こると100mmを越える場合も。赤沈はがん、貧血、感染症などでも上昇します。

リウマトイド因子(リウマチ因子、RF)

関節リウマチの診断や重症度判定に役立つマーカーとして知られ、体の成分を異物と間違えて排除しようと反応する「自己抗体」の1つ。関節リウマチの患者の約80%は陽性(+)となりますが、約20%は陰性(-)です。リウマトイド因子の値が高いと、関節リウマチの症状が強い傾向が見られるようです。  [#hbe870d2]
              

MMP-3(マトリックスメタロプロテアーゼ3)

MMP-3は、組織の破壊や再構築に関係する酵素です。特に関節の中の滑膜の増殖にともない、滑膜の表面に多く分泌されます。関節液の中に貯まったMMP-3は、やがて血液に入るため、関節リウマチの早期から、この数値は上昇します。ですので、MMP-3は、滑膜炎の活動性を示す指標とされるようです。基準値は男性36.9~121.0ng/ml、女性で17.3~59.7 ng/mlです。変形性関節症や痛風などでは、数値があまり上昇しませんが、全身性エリトマトーデス、強皮症、ベーチェット病、腎臓の疾患などでも高値となる事があります。 [#c1524e66]

関節リウマチで起こる手指の異変

次のような症状が1つでもあり、それが2週間以上続くようなら、
関節リウマチを疑ったほうがよいようです。

朝の手のこわばり

朝一番に手を使った時に、「動かしにくい」「動きがぎこちない」など、
いつもと違う感覚があり、それがしばらく続く。 
「あれ、いつもと違う!」この感覚を見逃さない事が大切。

例えば……
●目覚まし時計を止めた時  ●布団をまくった時  ●歯ブラシを握った時 など

※前日に手を使いすぎたなど原因が思い当たる場合は心配いりませんが、
 思いあたらない場合は要注意です。
※5~10分程度で消失する朝の手のこわばりは、変形性関節症など、
 他の病気でも見られる事があります。

関節の腫れ

[check] 指の第2関節、第3関節や手首の関節が腫れる
[check] 腫れが左右対称に現れる
[check] 腫れた部分が柔らかくてブヨブヨしている
※変形性関節症の指の腫れは第1関節に生じるケースが多く、腫れた部分が骨のように硬くなるのが特徴。

関節の痛み

[check] じっとしていても痛む
※関節リウマチは何もしなくても痛む(自発痛)のが特徴

関節リウマチと運動について

関節リウマチとうまく付き合うには「安静」と「運動」のバランスが大切です。安静にしすぎると筋力の低下や関節のこわばり、変形を招きます。正しい運動を適度に行うことを心がけて下さい。

朝のこわばりを和らげる体操

大きく呼吸をしながら1つ1つの動作をゆっくりと行ってください。

①手を動かす指を開く→指を閉じる→手首を回す→手首をねじる→布団をつかむ
②足を動かす足首を曲げる→足首を伸ばす→足首を回す
③首を動かす左右にねじる、左右に曲げる
④腰を動かすあおむけの状態で膝を立て、膝を左右に倒す

運動を控えた方がよい時
関節に次のような症状がある場合は、炎症が起きているので安静にして下さい。
・腫れている  ・熱を持っている  ・赤くなっている  ・動かすと痛みがある

早期関節リウマチの診断基準(日本リウマチ学会)

[check] 3つ以上の関節で、指で押さえたり動かしたりすると痛みを感じる
[check] 2つ以上の関節に炎症による腫れがみられる
[check] 朝のこわばりがみられる(朝、手をにぎることが困難など)
[check] 皮下結節(リウマトイド結節)がひじやひざなどにみられる
[check] 血液検査で赤沈20mm以上の高値またはCRP陽性
[check] 血液検査でリウマトイド因子が陽性である

3項目以上にチェック → 適切な治療を開始する必要がある。

日常生活での対策

  1. 十分な睡眠をとりましょう。
    関節リウマチでは微熱があり疲れやすくなります。昼間も疲れたら昼寝をとることも大切です。
  2. 適度な安静を保ちながら、適度な運動を行いましょう。
    安静にばかりしていると、関節が固まって動かなくなってしまいます。
  3. 規則正しいバランスのとれた食生活を心がけましょう。
    鉄分やカルシウムが豊富で、バランスのとれた食事をとりましょう。体重の管理も忘れずに。
  4. 関節を冷やさないようにしましょう。
    毎日の入浴の他、サポーターなどを使用して関節を冷やさないようにしましょう。

漢方薬とリウマチ

漢方では、リウマチは「痺証(ひしょう)」に相当すると考えています。「痺」とは “塞 がる”、“通じない”という意味で、痺証は風・寒・湿の邪により気・血の運行がうまくいかなくなるために発症します。日本では湿邪に特に注意すべきといわれています。症状の特徴はしびれ、痛み、関節の運動障害であり、末梢神経や循環機能の障害、自律神経失調、免疫の異常などが関連すると考えられています。
 治法には、病態や体質に応じて、散寒・利湿・祛風の働きを持つ生薬や、気・血を補う生薬が組み合わされた漢方薬が用いられます。