日本製薬商事オフィシャルサイト

ちょっと役に立つはなし

画像の説明

低血圧のタイプと症状
低血圧に有効な食品の紹介!
低血圧

第42号 低血圧の人は夏に弱い??

蒸し暑い夏は血管が緩み、血圧が下がるので、低血圧の人は様々な不快症状に悩まされることが多くなります。
低血圧とは、最高血圧が100mmHg以下を指すことが多いようです。血圧が低いために心臓から血液を送り出す力が弱く、全身の血の巡りが悪くなります。脳や全身に栄養分が行きわたりにくくなり、めまいや立ちくらみ、不眠、倦怠感、食欲不振、むくみ、低体温などの症状の原因になります。
画像の説明

低血圧のタイプと症状

◆本態性低血圧
体質的な場合が多く、低血圧の9割を占める。

◆二次性(症候性)低血圧
病気や薬が原因で血圧が低下。

①一過性に低血圧が起こるもの
心臓病、自律神経を中心とした神経疾患、脱水、下痢、嘔吐、やけど、大出血、降圧剤や精神安定剤を服用したときなど。高齢者、病み上がり、蒸し暑
さ、入浴後にも一過性低血圧がみられる。

②慢性的に低血圧が続くもの
副腎皮質や脳下垂体ホルモンの分泌減少、肺結核、癌、貧血、白血病、
甲状腺機能低下、肝硬変など。

◆起立性低血圧
急に立ち上がると血圧が下がって立ちくらみや脳貧血を起こす。
座っている時と、立っている時との最高血圧が20mmHg以上の差がある
ものをいう。

①突発性起立性低血圧
原因疾患は明らかではないが、交感神経の働きが不十分なために起こ
るもので、起立性低血圧の約2割を占める。朝礼などに倒れる子供は血
圧調節障害による。

②二次性起立性低血圧
原因疾患が明らかなものをいい、起立性低血圧の約8割を占める。高血
圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病、パーキンソン病、人工透析も
原因になる。降圧剤やニトログリセリン、精神安定剤服用者にも起こる
おそれがある。

日常生活の工夫

◆なるべく朝方生活に
◆規則正しい、バランスの
 とれた食事を
 (体を冷やす食べ物は避ける)
◆適度な運動を
画像の説明画像の説明

低血圧の症状

めまい・立ちくらみ
頭痛・頭重
動悸・息切れ・胸痛
悪心・食欲不振
下痢・便秘
寝起き不良
手足の冷え・むくみ
低体温・生理不順
疲労倦怠感
失神・転倒
画像の説明
※どの症状も命に関わるものではないが、血流の悪さから脳梗塞を
起こすことも…

血圧の安定に有効なニンニク

ニンニクには、内臓を温め、代謝を活発にして、虚弱体質を改善する作用があります。
また胃腸を丈夫にして、体調を整える働きもあります。さらにニンニクに含まれる成分が自律神経機能を高めるため血圧の安定にも役立つので、毎日食べると体の中から元気になります。
画像の説明
また、根菜類、ワカメ、卵、チーズなども体を温め元気を作り出す食べ物です。

35度台の低体温が増えています!

もしもこんな症状があったら
・体がだるく、疲れがとれない
冷え症
・アレルギー症かな
・頭痛がする
・肩がこりやすい
・風邪をひきやすい

改善法
・血流を良くする
・栄養バランスに注意
・体を温める食品を摂る

低体温は万病の元
まずは、体温を正常にしましょう。

↑ページのトップへ