日本製薬商事オフィシャルサイト

ちょっと役に立つはなし

画像の説明

[夏風邪を予防しよう!
対応と対策
東洋医学的な治療

夏風邪を予防しよう!

夏風邪はなかなか老に重かりき(虚子)

「風邪」は誰しも年に数回は経験する病気です。
一般に「風邪の流行る時期は冬」というイメージが強いですが、夏には夏独特の風邪があり、冬の風邪とは起こり方や症状が異なります。
厳しい暑さと高い湿度の夏では、食欲が落ちたり、睡眠が浅くなる、疲れが取れにくくなるなどによって、身体の抵抗力が低下しがちになります。
そのため、子供や高齢者の方に対しては特に注意が必要になります。
そこで今回は夏風邪について理解を深めましょう。

夏風邪とは

夏期に流行するウイルス感染症で、特徴的な症状として発熱のほかにのどの痛み
胃腸炎症状、目の充血、発疹などがみられます。6月頃から乳幼児を中心に患者数が増えはじめ、7~8月にピークとなります。

<原因>画像の説明画像の説明
高温多湿を好むウイルスによるもので、主なウイルスはエンテロウイルス、アデノウイルスなどです。
「テロ」は「腸管」を、「アデノ」は「のど」を意味します。
感染経路には、くしゃみや咳による飛沫感染の他、ウイルスが便に排出されるため、おむつや下着、おもちゃなどの汚染による手からの接触感染があります。
ウイルスは咽喉や腸で増殖した後、血液を介して標的とする場所に移動し症状を起こします。

<種類>
いわゆる「夏風邪」と呼ばれる代表的なものは、ヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)の3種類です。
エンテロウイルスは手足口病やヘルパンギーナを、アデノウイルスは咽頭結膜熱(プール熱)を起こします。
また、合併症として無菌性髄膜炎(脳や脊髄を包む髄膜がウイルスの感染によって
炎症を起こす病気)を併発することがありますが、多くは1週間ほどで治ります。

手足口病画像の説明
特徴
・発症者の約1/3に38℃位の熱が1~2日ほど出る。
・手の平、足の裏、口の中に米粒様の発疹ができ、時には肘・膝・お尻にまで水疱がみられるが、痛みや痒みはほとんどない。
・口の中の発疹が破れ口内炎ができると痛みが強くなるが1週間ほどで治る。

ヘルパンギーナ
特徴
・40℃近い高熱が2日ほど出る。
・口やのどの奥にプクッと膨らんだ赤っぽい水疱が数個から数十個できる。
 水疱は約1 週間で治る。

咽頭結膜熱(プール熱)画像の説明
特徴
・プールで感染することが多かったため、プール熱とも呼ばれる。
・幼児から小学生に多く発症する。
・高熱が3~5日、のどの痛みや腫れ、目の充血や目やに等の症状は1週間ほど続くことが多い。

夏風邪への対応と対策

<治療>画像の説明
夏風邪はウイルスが原因ですので、抗生物質は効果がなく、特異的な治療法の
ない疾患です。そのため治療としては対症療法が主体となり、脱水に対しては点滴、発熱に対しては解熱剤が使用されます。正確な診断がついたら、症状が治まるまで安静にし、十分な水分と栄養の補給を行い、自然治癒にまかせます。高熱などの症状がある場合は、すぐに医師の診察を受けてください。
また、エンテロウイルスに感染すると無菌性髄膜炎を併発することがあります。
その場合は医療機関を受診し適切な治療を受けることが大切です。

夏期には夏風邪のようなウイルス感染症に混じって、細菌感染症も流行します。
発熱を主な症状とした咽頭炎や扁桃炎の場合には、まずその症状がウイルスに
よるものなのか、それとも細菌によるものなのかを区別することが重要です。
これには迅速検査キットがあり医療機関にて短時間で確認ができます。

<予防>画像の説明画像の説明画像の説明
感染予防の基本は感染経路を断つことです。
そのために、うがいと流水での手洗いが重要です。
症状が治まった後も2~4週間は便にウイルスが排出されますので、感染者本人だけでなく、家族、周囲の人もオムツ替えなどの接触後にまめに手洗いをする必要があります。プール前後のシャワー、うがい、洗顔も大切です。また、タオルの共用は避けましょう。

◆夏の脳梗塞にも注意!!画像の説明
脳梗塞は脳の血管が詰まる病気で、夏に発生数が多くなることが知られています。
その原因として、脱水による体内の水分不足が挙げられます。
また、夏風邪などの感染症を起こすと、血液が固まりやすくなり、
脳梗塞のリスクが高まります。
予防として、こまめな水分補給とともに夏風邪を防ぐ対策も重要です。

東洋医学的な治療画像の説明

夏至から立秋までの間は、温熱性の邪気「暑邪」が盛んになります。
暑邪が体内に入ると津液がダメージを受け、夏風邪、熱中症など夏特有のトラブルを引き起こすと考えられています。
漢方の古典では、夏の風邪に対して温性、熱性のものは避けるべきものとされ、
清熱解暑作用のある寒性のスイカなどで水分を補給し、尿を出して熱を下げさせます。

治療では、冬の風邪と同様に発熱や頭痛を抑える処方も用いられますが、胃腸の水分代謝機能の改善に重点をおいた処方が主に用いられます。

漢方薬
香蘇散
効能・効果
体力虚弱で、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いものの次の諸証:かぜの初期、血の道症

藿香正気散
体力中等度以下のものの次の諸症:感冒、暑さによる食欲不振、急性胃腸炎、下痢、全身倦怠

升麻葛根湯
頭痛,発熱,悪寒し,身体煩疼し,麻疹,水痘など出るか出ないか疑わしいもの,
あるいは出にくいもの:感冒,麻疹,水痘,鼻血,眼充血,扁桃腺炎,皮膚病

参蘇飲
体力虚弱で、胃腸が弱いものの次の諸症:感冒、せき

↑ページのトップへ