日本製薬商事オフィシャルサイト

ちょっと役に立つはなし

画像の説明

子どもにも増えている花粉症!!

子供にもふえている花粉症

さて、春が来ると暖かくなってくるので嬉しいのですが、いや~な花粉症の季節でもあります。
最近は子どもの花粉症が年々増えており、5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%と大人の発症率と変わらないようです。
(参考:鼻アレルギー診療ガイドライン)。
スギ花粉症は、原因物質の花粉が飛散する時期(1月下旬~4月)と風邪やインフルエンザが流行する時期とが重なるため、判断が難しく、また、幼児では症状を具体的に伝えることが難しいため、まわりが注意を払う必要があります。
スギ花粉が飛散する時期に、子どもが熱はないのに“くしゃみ”や“鼻水”が止まらない場合は『スギ花粉症』かもしれません。
画像の説明

大人と子供の花粉症の違い

■「くしゃみ」より「鼻づまり」が主な症状
画像の説明
花粉症の主な症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみですが、子どもの場合はくしゃみがあまり出ずに、鼻づまりが多い傾向にあります。
これは、鼻が小さいからつまりやすく、つまると花粉が入ってこないことからくしゃみも出ないということが原因になっています。
鼻づまりを見分けるポイントとしては、口をあけているかどうかです。鼻で息がしづらくなっているため、口呼吸することが多くなっているので、注意深く観察が必要です。

■大人はサラサラの鼻水、子どもは少し粘っこい鼻水
花粉症による鼻水は、大人の場合はサラサラした水のようなものが出ますが、子どもの場合は
少し粘っこい鼻水も出ます。これも鼻づまりが主な症状となっていることに原因があるのでは
ないかといわれています。風邪と見間違えてしまうかもしれませんが、鼻水が出ていたら
花粉症も疑いましょう。
■目の症状も高い率で発症
子どもの場合、目の症状も発症するケースが多く、頻繁に目のあたりをこすったりします。
その他にも、目の充血や目のまわりのむくみなどもあります。

■鼻をピクピク、口をモグモグも花粉症のサイン
鼻がムズムズするので、こすったり、かいたり、鼻をピクピク、口をモグモグして鼻や口のまわりをしかめたりします。

花粉症の増加の理由は?

花粉症といえば、日本では、1960年代からわずか40年間で花粉症(特にスギ花粉症)が激増しました。
アメリカのブタクサ花粉症、ヨーロッパのイネ科花粉症、日本のスギ花粉症
合わせて世界3大花粉症と呼ばれるまでになっています。その増加の原因としては
●スギ花粉の増加・・・戦後に大量植林されたスギが、スギ花粉の増加につながった。

●排気ガス・大気汚染・・・排気ガスなどで汚染された大気中の多くの微粒子が抗体を産生しやすくしています。

●食環境の変化・不規則な生活リズム・・・高タンパクや高脂肪の食生活、不規則な生活リズムや
ストレスの多い生活。

●住宅環境の変化・・・住宅やオフィスの近代化に伴い、通気性の少ないダニ・カビの温床をつくっている。

花粉症のメカニズムと大気汚染の影響

画像の説明
花粉症などのアレルギー反応が引き起こされる仕組みは、体内に入ってきた花粉のアレルゲンをTリンパ球が認識し、Bリンパ球が抗体を作ります。
その抗体(IgEなど免疫グロブリンの一種)が肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球、好酸球などの白血球に結合する状態がアレルゲンに感作された状態です。
そこへ再びアレルゲンが侵入して抗体と結合すると、これらの白血球がヒスタミン、セロトニンなどの化学物質を放出します。これらの物質の作用により、血管拡張などがおこり、粘膜の腫れ、痒みなど花粉症の症状がおこります。
それでは、気になるPM2.5は花粉症にどのような影響があるのでしょうか?
スギ花粉が移動してさまざまな大気汚染物質と接触することにより変性し、付着した大気汚染物質と同時に人体に吸引されると
※アジュバント効果を引き起こすと考えられている。
(アジュバント効果:ある反応ここではアレルギー反応がある物質と同時に投与されるとその影響が促進されること。またその物質の事をアジュバントといい、本来はワクチン投与の際、同時に投与することで少量の抗原量でも効果を持たせるといった免疫分野で利用されていた。)
このようにアジュバント効果を引き起こす大気汚染物質としては自動車排ガス、
土壌粒子(黄砂など)、金属粒子などがあります。実際に埼玉大学で捕集した大気中の
スギ花粉にはさまざまな粒子がスギ花粉の表面に付着しており、スギ花粉症状を悪化させ、花粉症の増加を引き起こす原因になっていると考えられる。
(PM2.5セミナー埼玉大学理工学研究所王青躍先生より)

PM2.5とは

大きさが2.5μm(1μm=0.001mm)以下の空気中の微小な粒子のこと。
とても小さいので肺の奥まで入りやすく、高濃度のPM2.5を長期間吸い込むと、
ぜんそくや肺がんなどの呼吸器系などの病気を引き起こすといわれています。 PM2.5の発生源は黄砂、火山灰、自動車、工場の排気ガス、太陽光を化学物質が受けて反応する等々があります。

↑ページのトップへ