日本製薬商事オフィシャルサイト

気・血・水とは

体内をめぐる「気」「血」「水」のバランスと熱・寒

画像の説明

漢方では、人それぞれがもつパーソナルな体質や体調を「証(しょう)」と呼び、その人に合った処方をするための目安にします。同じ症状でも、その人の証によって処方が異なるのが漢方です。

この「証」を知る方法のひとつに、体を巡る「気・血・水」の3つのバランスを見る方法があります。さらに「暑がりか、寒がりか」をあらわす「熱」と「寒」も大切な要素になります。

自分のタイプがわかれば、タイプに合った食事の摂り方や生活週間もわかるので、病気を治療したり、緩和したりするだけでなく、病気になる前の未病の症状を改善し、病気を未然に防ぐことが可能になります。

気(き)

体の中を巡っている目には見えない生命エネルギーのことで、「元気」や「気力」の気であり、活力のもととなるものです。血液や水分を巡らせ、新陳代謝を高めたり、細菌やウイルスの侵入を防いだりと、体の機能を調整する自律神経の働きに近いと考えられています。気が不足した状態を「気虚(ききょ)」といい、気の流れが停滞していることを「気滞(きたい)」といいます。

血(けつ)

おもに血液のことで、全身を巡って細胞に酸素や栄養を運び、それぞれの機能が潤滑に働くように作用します。水とともに、体を潤す役目も担っています。精神を安定させる働きもあるため、血の不足(「血虚(けっきょ)」の状態)は貧血を起こすだけでなく、不眠などの原因にもなります。また、血の巡りが悪くなることを「瘀血(おけつ)」といい、こりや頭痛、肌のトラブルなどの原因となります。

水(すい)

リンパ液や汗、だ液など、血液以外の体液全般の総称で、津液(しんえき)とも呼ばれています。水分代謝や免疫システムなどの関わっていると言われています。水の不足は「陰虚(いんきょ)」といい、水の停滞やかたよりは「水毒(すいどく)」と呼ばれています。気・血・水はそれぞれ互に深く関わり合いながら体内を巡っていますが、水には気や血を循環させる働きもあります。

暑がりタイプでり、冷たいものを好み、便秘がち、ニキビや口内炎を起こしやすいのが特徴です。このタイプは体を冷やす寒涼性の食材や平性の食材を積極的に摂り、温熱性のものはなるべくひかえるようにしましょう。

冷え性タイプで、色白、下痢をしやすい、体を温める作用が弱いなどが特徴です。このタイプは体を温める温熱性の食材を積極的に摂り、寒涼性の食材はなるべくひかえるようにしましょう。






受付時間9時~17時 0120-000-382