日本製薬商事オフィシャルサイト

生薬

蒲公英(ホコウエイ)/食材名:タンポポ

おもな薬能
乳腺炎、消化不良、便秘、上気道炎、扁桃腺炎、結膜炎、解熱。胃炎、むくみ


蒲公英

蒲公英には、体にこもった余分な熱を冷ます作用があります。解毒をして熱によ
るしこりを小さくするので、急性乳腺炎や急性虫垂炎、上気道炎、扁桃腺炎、皮膚の化膿などの改善に効果的です。また、体に溜まった余分な水分の代謝を促して排尿困難や排尿痛を解消したり、目の充血や急性結膜炎を改善する働きもあります。

注意点:特になし。

五性・五味・帰経

五性:寒   五味:甘・苦   帰経:肝・胃

代表的な成分

イヌリン、コーヒー酸、コリン、スチグマステロール、タラキセロール、葉酸、フェニルプロパノイド、フラボキサンチン、ベンゾキノン、ルテイン

薬膳では

アメリカやヨーロッパでは、食用に葉の大きな品種も栽培されており、セイヨウタンポポは野菜として日本に持ち込まれたという説もあります。花が咲く前のやわらかな葉を摘んでサラダにすると、ほのかな苦味が活きて、おいしくいただけます